2013/03/18

楳図ハウス探訪記〜2013〜

 またまた行って参りました。

 東京は武蔵野市吉祥寺へ。
 敬愛する楳図かずお先生のお宅拝見の旅へ。(本当の目的はすかんち30周年渋谷公会堂LIVEを観る為なのですが楳図先生もROLLYも下の名前がカズオ繋がりってことで…)

Photo

 すかんちLIVEの前日に東京入りしたのですが、仕事が終わってから新潟より新幹線で東京入りし吉祥寺に到着しましたので、既に夕刻。
 あたりは真っ暗…
 とりあえず吉祥寺東急にチェックインし、晩飯も食べずに楳図邸に直行!

» 続きを読む

| | コメント (31) | トラックバック (0)

2011/02/14

UMEZZ HOUSE 探訪記

 私事ですが、神に会ってきました。

 渋谷パルコで開催されていた『天才生誕75周年楳図かずお恐怖マンガ展楳怖』(2011.1.21~2.14)を観に行ってきました!!

Nec_0340

 会期中の毎週土曜日は楳図先生が楳怖に潜伏!?していて、見つけてびっくり「うめこわーっ」が体験できるというのです!!

 神である楳図先生とお会いできる場がセッティングされているのに、行かない理由が見つかるはずもありません。

 なにが私をそこまで突き動かすのか?

 そこに楳図かずお先生がいるから…

 楳図先生と会えるのだから…

 楳図先生がふりまく“幸せパワー”を少しでいいから分けてもらいたい…

 東京在住の同志「U」の支援を受けて、私は上京しました。

  十数年ぶりに。

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2010/08/21

『トーマス・F・マンテル大尉事件』とは?

『トーマス・F・マンテル大尉事件』とは?

マンテル大尉は数々のUFO事件における最初の犠牲者とされている人物である。1948年1月7日、州軍のパイロットとして4機のP-51ムスタングで編隊を組みジョージアとケンタッキーの州境を飛行していた。

Thomas_f_mantell_18_2

ケンタッキー州のゴッドマン空軍基地より編隊へ無線連絡が入り、基地付近でUFOが目撃された為調査せよとの命令が下った。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/03

アラン・プロストが語るアイルトン・セナの想い出

「事故から3ヶ月が過ぎた今でも、毎日のようにセナのことを考えます。

Ayrton_senna_37_2

彼がいなくなったことで、私のF1での大切な思い出が失われてしまいました。彼は、モチベーションを保つために、ライバルが必要だと感じていました。セナには僕が必要だったのです。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/05/11

ニキ・ラウダが語るアイルトン・セナの思い出

セナを偲んでニキ・ラウダは「去年、セナがドニントン(1993年第3戦ヨーロッパGP)で勝った時、すぐに彼に電話したんだ。私は『これまで見た中で、

Ayrton_senna_50

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010/04/21

The Great Dictator     『独裁者』

Charles Chaplin の名作映画『独裁者』[1940年製作](原題:The Great Dictator )のクライマックスでの有名な演説の内容についてちょっと紹介します。

 申し訳ない。私は皇帝なんかにはなりたくない。そんなのは柄じゃない。支配や征服もしたくない。ただ、ユダヤ人にしろキリスト教徒にしろ、黒人にしろ白人にしろ、皆を助けたいだけだ。

 私たちは皆、お互いを助けたいと望んでいる。人間とはそういうものだ他人の不幸によってではなく、お互いの幸福で支え合って生きたい。憎み合いたくはない。地球には一人一人のための場所があるんだ。大地は豊かで皆に恵みを与える。

Great_dictator_001_3

 人は自由に美しく生活できるはずだ。なのに、私たちは道を失った。貪欲が人の魂を毒し、憎しみで世界にバリケードが作られ、軍隊の歩調が私たちを殺戮へと追いやった。スピードは早くなったが、人は孤独になった。富を産み出すはずの機械なのに、私たちは貧困のなかに取り残された。知識は増えたが人は懐疑的になり巧妙な知恵は人を非情・冷酷にした。機械より人、知識よりも優しさや思いやりが必要だ。そうでなければ、人生は暴力に満ち全ては無になってしまう。飛行機とラジオは私たちを結びつけ、人間の良心に訴えて、国境を越えた兄弟愛を呼びかけ、私たちを一つにする。今も私の声は何百万という人々に届いている。絶望する男や女や子供たち、罪もない人々を拷問し投獄する組織の犠牲者たちに。そんな人々に言おう、絶望してはならない、と。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/12/08

John Lennon memorial MOTHER

 1980年12月8日は、John Lennonが射殺された日・・・  けっして忘れてはならない日。  暴力は何も生まない。  暴力は一瞬にして貴重な才能を葬り去る  銃社会の異常さが証明された日とい...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/06

Randy Rhoads Guitar solo- live with Quit Riot

ランディ・ローズ(Randy Rhoads)の Quit Riot時代のライブ映像です。 「トリビュート~ランディ・ローズに捧ぐ」の『自殺志願‐SuicideSolution』で聴かせるギター・ソロの...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HappyBirthday! Randy Rhoads

 12月6日はランディ・ローズ(Randy Rhoads)の誕生日なのであります。  彼が死んだという事実は歴然とした事実であり、翻しようが無いのだけれど、どうしても「もし彼が生きていたら・・・」と考...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/16

HELLO GOOD-BY Paul McCartneyの眼力

 何度でも言いたいのですが、ポールの眼力(めぢから)は凄く威力があるし、多くのことを語りかけてくる眼差しだと思うのです。  ポールは一般的にBeatlesにおける“明るさ”の象徴であり、キャッチーでポ...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/11/04

トヨタがF1撤退だってさ

 トヨタが今年限りでF1参戦を撤退するって発表しました。
 トヨタの幹部は会見で泣いていました。
 悔しいんだろうと察しますが、結局トヨタがF1に残したモノって何だったんだろう?

 昔の話ですが、マクラーレン・ホンダが全盛期の頃に、トヨタの関係者がある雑誌の記事で下記のようなコメントをしていました。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009/11/03

Eddie Van Halen 超絶技巧

 Eddie Van Halen はコンディションがおかしい時のほうが、素晴らしいギターを弾くギタリストだと思います。  このNAMMにおけるFrankenstein replica Modelの発売...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/02

Freddie Spencer は本当に凄い!

 フレディ・スペンサーの全盛期の走りを記録した貴重な動画です。  Zcarとセイバーをサーキットで先行させて、NS500で後を追います。  しかもコースはUSモータースポーツの聖地、ラグナ・セカ! ...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Michael Jackson with Eddie Van Halen “Beat it”

 ジャクソンズが1984年に行った「VICTORY TOUR」の映像です。  “Beat it”にEddieがゲスト参加しています。  Eddie個人としては、David Lee Roth がソロ活動...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

The Beatles-Hey Jude

癒されたい時。 絶望に直面した時。 わたしは何度この映像に助けられたことだろう・・・ Paul McCartney ありがとう。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (1)

«『'83NS500 RACERS』が発売中