一番奥の柵にクロフネはいましたが、芦毛の白い馬体は目立っていました。