永遠の命を追い求めてなんになるのでしょう?
手塚治虫の『火の鳥』を読め!と言いたくなります。