これが伝説の「流氷庵」の姿です。
廃墟のように見えますが、
これでも一応営業しているみたい・・・・です。
番屋の脇にひっそりと寄生しているかのような佇まいです。
とにかく店内に足を踏み入れて下さい。
そこには異世界が存在します。