« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月

2004/08/31

不動明と飛鳥了 再会シーン

 デビルマンの後半、旧コミックスの5巻のエピソード。

 私が考える中で、マンガ史上最も美しいシーンの一つ。
 永井豪の作家としての才能が結集されており、いつまでも語り継がれるべきだ。
 セリフ、コマ割り、構成、画質、非の打ち所が無いというのはこのことを指すのではないか?

 不動明がデビルマンであることを暴露し姿を消した親友『飛鳥了』
 デーモン一族との戦いに『不動明』を引きずり込みながら裏切ったのである。

 “裏切り者”飛鳥了を不動明達は徹夜で探し続ける。
 そして朝日の昇る頃、ついに不動明と飛鳥了は対峙する。

了 「遅かったじゃないか」

明 「ああ、一晩中かかっちまったよ仲間を総動員したけどな」

 自分達を裏切ったことを問い詰める不動明。
 それに対し淡々と答える飛鳥了。
 一晩中考えていたことを不動に語り始める了。
 

 了の表情は少しけだるそう。

 激高しながらも不動は感情を抑え了に語る。

明 「返答によってはお前を殺さなければならない」
     ↑
ここまでの間の取り方、セリフの配置なんか最高。
敵対しながらも友情を感じさせる絶妙さ。
了の表情の描き分けなんか見事。

 了は開き直り、一気に持論を明にぶつける。
 人間に守る価値があるのか?
 デビルマンも所詮悪魔でしかない!

了  「人間のいない美しい地球」
   「俺達デーモンの世界」

 
以上のようなことを了が語るに至り、明は愕然とする。
 そして確信するしかなかった。

明 「そうか了!君は・・・」

 人間が滅び去った後のビジョンを静かに語り終え、
 明の前を去り行く了。
 それを見送るしかない明。

 明は了に最後の言葉を贈る。

 一言、

明 「サタン」

 一瞬、明の方向を振り返る了。
 そしてまたゆっくりと歩みを進める。

 この2人の会話のシーンの最中なのだが、
 常に逆光なんである。
 白黒2色刷りなのだが、強烈な朝日がページを支配している。

 光と影だけで構成されたシーンなのだ。
 異様な緊張感と絶望感。
 言葉で表現しようの無い疲労感と色気。

 初期の永井豪が少年誌の範疇を凌駕してしまった瞬間であった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/08/30

F1観るならmotoGP

F1シーズンが早くも終了してしまった。
シリーズチャンピオン争いに胸を躍らせることがなくってどのぐらいの年月が過ぎ去ったのだろう・・・

現在のF1を喜んで観戦しているファンへ問いたい。
いったい何が面白いのか?
本当に今のF1に満足しているのか?
レースの感動とはそもそも何なのかを!

モータースポーツは単純な競技である。
「クルマを一番速く運転できるのは誰なのか?」
「一番速いクルマを作っているメーカーはどこか?」
ただそれだけ!

そこにドライバー間のライバル意識や、
メーカーの技術競争、
素朴なナショナリズム、
以上のようなものが混然一体となってF1ファンを刺激していたのではないのか?

レースの駆け引きに長けたドライバーだとか、
そんなものに感動することはない!

現在のF1ファンは、
「シューマッハーは本当にピットストップのタイミングが抜群だな」とか「フェラーリのスタッフのタイヤ交換のスピードは世界一ぃぃぃぃ」とかでカタルシスを感ずるのだろうか?

私から言わせてもらえば、それは『歪んだF1ファン』であり、
『騙されている可哀想なF1ファン』なのだ。

誰よりも速く走ろうとすることのどこがいけないのか?
他のチームより速いマシンを製造することのどこがいけないのか?

コース上で誰よりも速いはずのドライバーが勝てずに、
ピットロードを誰よりも上手に走る男がチャンピオンになるなんて・・・

速いマシンを作るとルールが改正されて遅くしなきゃならないなんて変だ!

F1ファンよ!
F1中継を見るのを止めてくれ!
サーキットには行くな!
FIAにNO!を突きつけよう!

真のモータースポーツファンはmotoGPを観るべし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/29

嫌いな有名人 小林よしのり

 小林よしのりが嫌いだ。
 いきなり結論であるが、とにかく小林よしのりが嫌いだ。

 なんでそんなに嫌いなのか?
 正確にいうとなんで嫌いになったのか?

 答えは簡単。
 彼は漫画家である。
 それも突出した稀有な才能をもったギャグ漫画家だった。
 その彼が漫画を描くことをやめてしまったから。

 漫画を描くのをやめて変なことに彼は情熱を傾けている。
 保守だとか憂国だとか戦争だとか随分と物騒なことばかり。

 別に人間何を考え、どんな思想を持とうが知ったこっちゃない。
 日本は信教・思想の自由が保障されていますので。

 だけど小林よしのりの今のポジションは、彼には似合わない。
 ちょっと無理しすぎなんじゃない?

 『東大一直線』を描いていた頃の小林よしのりは本当に輝いていた。
 彼が『東大一直線』でジャンプに衝撃的なデビュー(マジに衝撃的だった。だって絵が異常すぎるくらいヘタクソ!)
 その後の『救世主ラッキョウ』とか『格闘お遊戯』、『東大快進撃』と才能は溢れまくっていた。

 だけど彼は変わってしまった。
 安直なたとえだけど、お笑い芸人が少し売れると別な方面からの賞賛を得たがるのと同じと私は考える。
 芸人がなんで映画監督やって賞もらうのさ?
 芸人がなんでボクシングやってるのさ?
 芸人がなんで絵を描いて展覧会ひらくのさ?
 芸人がなんで俳優やって渋い演技とかって誉められるのさ?
 お笑い芸人の評価基準は過去も未来も唯一だ。
 それは“笑いがとれるか?”の一点だ。

 小林よしのりは多くのプライドを捨てた恥ずかしいお笑い芸人と同列なのだ。

 小林よしのりが国士ぶって勇ましい発言を繰り返しても、
 彼を評価付けている貴重なバックボーンを捨ててしまっている以上、彼の望むような効果は期待できないと思う。
 絶対に。
 誰がなんと言おうと、小林よしのりは漫画家だ。
 空前絶後のギャグ漫画家だ。
 オピニオンリーダーなどではない!

 現在の小林よしのりの正体は、所詮“チキン・ホーク”の域を脱していない。
 それともギャグ漫画家としての才能が枯渇したか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/08/28

紋別の番屋

週刊webnewsにこにこ万福堂

私が学生時代にさんざん通った居酒屋『番屋』が紹介されているサイトです。
人気メニューの「ザンギ定食」の写真が展示されています。

ストーンズのチャーリー・ワッツに似たマスターも写真におさまっています。
とってもクールな方なんですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

全裸白人飛び降り自殺の分析1

 続報が全く無い、「京王プラザ全裸白人飛び降り自殺」について。

 私が直感的感じたことは、2人一緒に死んだということが異質だからだ。(あくまでも本当に自殺だとしたらの話だが)

 白人の若い男性2人が同時に自殺・・・
 一緒に死ぬという行為そのものは、日本において『心中』と解釈される。
 動機は様々だ。
 「この世で添い遂げられないのならあの世で・・・」という近松文学にみられる古典的なものから、借金苦など生活そのものがままならないので、家族などを道連れに集団で自殺。
 ま、心中ってのは大抵上記のようなものが多いのが常である。

 しかし、カルト教団などの狂信的集団自殺はともかくとして、白人が生息する欧米のキリスト教文化圏においては、誰かを伴って死ぬということはあまり例の無いことである。
 伝統的なキリスト教の価値観では自殺そのもが罪とされる。

 仮に2人が同性愛者で恋愛関係にあったとしても、自殺の理由にはならないだろう。

 この事件は『心中』では無い!

 それでは真相は何なのか?
 しかも極東の地で?
 彼ら2人はなぜ死ななければならなかったのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名馬回顧 ライスシャワー

 私が競馬場に足を運ぶようになって約10年。
 それまでは競馬自体に興味はあったけど馬券を買いにいったことは無かった。

 競馬場に行くようになって数回目のビッグレースが春の天皇賞だった。
 ライスシャワーが3回目のG1レースを制したレースでもあり、一般的にはライスシャワーの復活レースとも言われている。

 その年の春の古馬レースは三冠馬ナリタブライアンが故障のため不在で、主役不在の混戦だった。
 一緒に競馬場に言った友人の一言が印象的だった。
 『ナリタブライアンさえいれば悩んで馬券買う必要ないのになー』

 私は強くて人気のある馬が小学生のころから嫌いだったので、ブライアンに絶対の信頼をよせる友人やその他多くの競馬ファンやマスコミに違和感があった。

 だから心の中で『どんなことがあってもブライアンの馬券は買わない』と心に固く誓った。

 競馬新聞の読み方すらロクに知らない当時の私は友人に助言を求めた。
 友人の言葉。
『実績だけみればライスシャワーなんだけど、もう盛りは過ぎたし・・・ 去年ブライアンといい勝負した同世代が買いなんじゃねーの?』

 私は友人の言葉を鵜呑みにした。
 ライスシャワーは真っ先に除外。
 出走メンバーのなかで唯一名前を知っている馬だったのにだ。
 ろくに知らないエアダブリンとかを軸に馬券を購入。

 結果は・・・
 ゴール寸前でステージチャンプをライスシャワーが差し勝利をもぎとった。

 友人はこう言いやがった。
 『やっぱりなー、このメンバーでG1勝った事あるのライスシャワーだけだもんなー、はずす時点で間違いだよ』
 なんて一貫性のない奴だ・・・

 涙の復活と騒がれたライスシャワーであるが、ご存知のとおりその後の夏のグランプリ「宝塚記念」に出走する。
 そして悪夢のような競争中の脚部開放骨折で安楽死処分。

 ライスシャワーの予後不良は悲しい出来事であったが、私は変な予言めいたことを友人に語っていたことを覚えている。
 『宝塚の“塚”ってのはお墓の意味があるよね? つまりボロボロの状態から見事に這い上がったライスシャワーには去り行く最高の舞台が必要なんだよ。グランプリの宝塚記念はその舞台にうってつけだし、“宝”の“塚”なんてのが似合うのはライスシャワーだけだよ。だからライスがらみで何か起こるよ』

 私はいわゆる「オカルト馬券」の理論が嫌いではないので、今でも何かにこじつけて馬券 を買う。
 時事問題に絡めて馬券を推理するのが好きだ。

 しかし、ライスシャワーの場合は本当に宝塚記念が彼の死に場所となってしまった。
 今でも忘れられない、「当たってほしくなかった予想」である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/26

華氏911とザ・クラッシュ

 華氏911というか、マイケル・ムーアと
 「クラッシュ」のジョー・ストラマーは似ている。
 表現者としてのスタンスがだ。

 ザ・クラッシュというバンドを覚えているだろうか?
 1970年代後半のロックシーンを駆け抜けたパンク・ロックムーブメントを代表するバンドである。

 パンクというとセックス・ピストルズのほうが知名度も高いし、一般的にパンクファッションといわれる様式の服装もピストルズなどの衣装や髪型を指す。
 ちなみにピストルズのマネージャーのマルコム・マクラレンの妻は今では超有名なデザイナーのヴィヴィアン・ウエストウッドだったりする。
 ピストルズの衣装は全てウエストウッドのデザインで、マクラレンの経営するブティック『SEX』はウエストウッドのデザインを独占的に扱うショップだった。
 つまり妻のデザインした衣装を着せて、夫が金を儲けて、妻も名声を得たわけだ。

 クラッシュとピストルズは本当によく比較される。
 音楽ライター達はカテゴライズするのが好きだからね。
 カテゴライズしないと安心できないらしい。

 なぜ私が華氏911とザ・クラッシュを同等に語っているのか?
 それは両者に共通する滑稽なまでの誠実さ故である。

 パンク・ロックは過激な歌詞や暴力的なステージ等、センセーショナルなイメージが先行していたが、本質は音楽業界、ひらたくいえばロック産業の民主化運動だった。

 若者の退屈な日常のはけ口と表現手段であったロックだが、産業として成立していく段階で巨大資本に飲み込まれ、ロック本来のシンプルな衝動は抑えられてしまい“売れる曲を売れるバンドに演らせる”という公式が確立されてしまった。
『産業ロック』の誕生である。

 そんな若者の日常とかけ離れてしまったロックを再びレコード会社から、当事者であるバンドや若者の手に取り戻そうという“ロック・ルネッサンス”がパンクなのだ。
 そしてパンクの理念を前衛で体現していたバンドこそ『ザ・クラッシュ』だった。
 クラッシュの中でもヴォーカルのジョー・ストラマーはパンクの殉教者であり権化だった。

 クラッシュと同時期に誕生した無数のパンクバンドの多くは数年のうちに消滅し、生き残ったバンドは商業バンドへと変貌とげていった。
 パンクに関わったバンドやファンのほとんどがそんな風に理想を失っていく中で、最後までパンクの砦を守ろうとしたクラッシュ。

 商業的な成功と芸術面での評価に加え、パンク本来のイメージを守りとおし、微妙なバランスを使い分けていたのがクラッシュ。

 そこんところがマイケル・ムーアと酷似している。
 どんなに優れた作品やメッセージでも他人に知ってもらえなけりゃ全然意味が無い。
 ムーアもクラッシュもそれを知りえており、実践している。

 パンクの灯を守り続けたクラッシュがその後どうなったか?
 徐々にバンド内の意見の対立が表面化。

 政治的なメッセージを発し、体制との対決を継続しようとするジョー・ストラマー。
 ロックバンドとしての成功をもとめ政治性との決別を図ろうとしたミック・ジョーンズ。
 2人の対立はバンドを崩壊に導いていった。

 最後は少し尻すぼみなクラッシュ。
 ミック・ジョーンズはバンドを去り、
 ドラムのトッパー・ヒードゥンはドラッグに溺れていった。

 反体制的な表現者であり商業的な成功者でもある、
 ムーアとストラマー。
 ストラマーは傷つきながらも戦い続け結果的には敗れ去った。
 はたしてマイケル・ムーアは?

 追伸:ジョー・ストラマーの冥福を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ゴーヤ画像

農家の方からゴーヤを貰いました。美味しそうです。image.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

華氏911とエミネムから、日本を考える

 華氏911は実に見事にアメリカ社会の暗部を描いてくれた。
 マイケル・ムーアに感謝!

 ブッシュの間抜けさの表現ばかりが日本のマスコミでは報道される。
 ちゃんと映画を観たのかな?
 偏向報道はやめてくださいね!日本にも関係してくる内容なんだから。

 単に反ブッシュなんじゃなくて、ある意味『反アメリカ』、『反市場原理主義』な映画なんだよね。

 根強い人種問題。

 深刻な貧困問題。

 どうしようもない閉塞感。

 明日に希望を持てない若者。

 その若者の人生を搾取する軍のスカウト。

 軍に子供の将来を委ねる母親。

 巧妙に張り巡らされた巨大資本による支配構造。

 肥え太る軍需産業等の巨大コングロマリット。

 イラクで死にゆく一般市民。
 悲惨な現実であるがアメリカ国民は知らない。
 知らせたとしても受け入れることができない。

 当然だと思う。
 なぜならアメリカ国民は自分たちの身近な問題にすら目を向けることができないのだから。
 華氏911を観た方には是非エミネム主演の『8マイル』も観てほしい。
 アメリカの繁栄の影に見捨てられた、関心を持ってもらうことすら期待のできない、決して救いの手がさしのべられない、アメリカ国内の最下層の人々の姿が、リアルに描かれている。

 日本にも似たような人達が大勢いるじゃないか。ネット難民とか、派遣労働で搾取されまくってその日暮らしのフリーターとか。

 ラッパーの出ているアイドル映画として結論づけるにはもったいなさすぎる。

 ラッパーであるエミネムのエネルギーの根源は“怒り”である。
 彼の政治的な発言が注目されることはあまりないようだ。
 しかし、怒りの矛先が向けられているのは明らかにアメリカそのものに対してなのだ。

 最下層の貧困な家庭で育ったエミネムの曲は切実だ。
 ドラゴンアッシュとかの馬鹿ラッパーとは違う。
 ポーズではない真の意味での反体制なのだ。

 エミネムの政治的な立場なんてどうでもいい。
 『華氏911』でアメリカに疑問を持ったなら、
 『8マイル』でアメリカ国内の忘れ去られた市民の現実に関心を持ってほしい。

 関心を持つことによって、次のアクションに移行できるのである。

 そして、日本でも同様の現実が存在するということから目を背けないで欲しい。

“知ったってどうにもならないこと”とか、“何をしたらいいの?”って思う人へお願いがある。

 今の日本でもアメリカ同様に不公正な社会構造が形成されており、変革が不可避な時期に来ているということを、友達でも職場の同僚でもいいから、話し合って欲しい。

 一党独裁と表現しても差し支えないほどの支配体制を組織している、自民党と公明党政権からの脱却が必要な事実を直視して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2004/08/25

紋別専門サイト更新しました

UNFORGETTABLE ☆紋別☆

紋別裏グルメに「ドカベン」を追加しました。

紋別裏観光に「やぎぬま商店」を追加しました。

どうぞ遊びに来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極楽な場所?

 極楽といえばあの世のことですね。
 あの世といえば死後の世界。

 私が極楽を感じる場所といえばやっぱり墓場かな?
 極楽というよりあの世を実感できる場所っていうか。

 私は特に仏教を信心しているわけではない。
 ごく普通に先祖を敬って供養しているだけである。

 お盆になれば墓参りに行く。
 夕暮れ時にお参りに行く墓場は幻想的。
 お香のニオイがたちこめ、
 ろうそくの炎に照らされてぼんやりと闇に浮かぶ墓石。
 そこに浴衣を着た幼子がちょうちんを手にし親に手を引かれている。

 まさしく日常の風景が一瞬にして非日常な空間に変貌するのがお盆の墓場。

 とくに伝統を重んじたいとは思わないが、
 なくなってほしくない日本の風景だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/24

北海道とUFO

 信じる信じないは別として、
 北海道はUFOの目撃情報が多いようだ。

 私はかつて北海道の紋別で過ごしていたのだが、街がまばらなせいか灯りが夜空に反射しない。
 だからすこし郊外に出ると、星空が本当に綺麗なんだな。

 そんなことで北海道では夜空を見上げる機会が多い。
 もしかしたらUFOの目撃が多いのはそのせいかも。

 北海道にいた頃に私を驚嘆させた飛行物体があるが、それはUFOではない。

 その当時は冷戦末期の頃でした。
 つまりまだ「ソビエト連邦」が存在した頃。

 轟音とともに猛スピードでオホーツク海沿岸をかすめる飛行体発見!
 飛行体の翼には赤い星が!
 それは・・・
 『ミグ戦闘機』だったのです!

 UFOの名所ってのは多分全国あちこちにあると思うけど、
 『ミグ』が見れた地域はそんなに無かったはず。

 以上、UFOつながりの記事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

華氏911の見方 ひとつの方法

 華氏911について語られる時に避けられないのが、どうしても作品の持つ政治性に目が向けられることです。
 ムーアのメッセージ性が強すぎるとも言われています。
 特に日本のマスコミの一部にその論調が目立ちます。

 「ムーアの主観が入りすぎているのでドキュメントではない!」とも言われています。

 しかしムーアも度々答えていますが、『普通の映画として楽しんでほしい、普通の映画と同じように笑って泣いてほしい』ってのが本質なんです。

 「普通の映画」として楽しんで、観終わった後にふと我に返って『本当に世の中これでいいのかな?』と観客が考えることができれば成功なんでしょう。

 ムーアはこうも語っています。
 『私の映画なんだから私の主観が入ってあたりまえだ!』

 日本人は誤解しがちですが、
 ジャーナリズムやマスコミというものは必ずしも公正中立ではありません。
 新聞社や出版社、放送局にはそれぞれの立場や主張があります。

 そして一般の人々に情報を提供する際には自社の価値観というフィルターを透すのです。
 だからムーアの主張というのは数多くのジャーナリストの中のひとつの主張でしかない。
 それに対し、過敏に反応するってのは、
 語らずしてムーアの反対側の連中ということを露呈してしまっている。

 日本テレビの「バンキシャ」っていう報道番組?があるけど、
 私が知る限り一番大げさに華氏911に反応していた。
 日本テレビはそんなにブッシュに再選してほしいのですか?

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2004/08/23

華氏911とブリトニー

 華氏911は面白かった!

 演出の仕方とか批判する奴は多いけど、映像は正直だからね。
 映像は嘘をつかない。

 華氏911を観て心を動かされない者がいるのだろうか?
 しなくてもいい戦争だったことに気づかない者がいるのだろうか?
 他人の生活を破壊してまで利益を得ることに、罪悪感を感じない者が本当にいるのだろうか?

 映画の中にもたくさんのブッシュ支持者が出てくる。
 無知なんだよね。

 ホワイトトラッシュと聖書根本主義者は信じられないくらい無知だ。
 疑うということを知らないんだ。
 世界を知らないんだ。
 あんな連中に支えられている大統領が人類の命運を左右するんだよ。

 われらが「ブリちゃん」も華氏911に登場する。
 ブッシュのイラク戦争の熱烈な支持者として。
 ブリトニーってやっぱり田舎者。

 ムーアの映画にコメントが使われるなんてね。
 彼女も超弩級の田舎者を証明したわけだ。
 アメリカの中西部ってブリトニーみたいな考え方は珍しくないんだ。
 むしろ“普遍的”な思想だったりする。

 キリスト教原理主義が『グローバルスタンダード』にならないことを祈る。

| | コメント (3) | トラックバック (6)

ブリトニー大好き♡な理由

 アイドルが好きだ。
 それもアーティスト面しないアイドルが好きだ。

 アイドルは何故か売れて注目度がアップすると、とたんに音楽性の追求とか、社会奉仕とかへんな方向へ進みがちだ。
 いわゆる路線変更ってやつだけど。
 アイドルの気持ちもわからんではない。

 いつまでもルックスで勝負はできない。
 誰でも年齢には逆らえないもんね!
 いつまでも阿呆な歌や振り付けにファンは付いて来ない。
 ファンも分ってて応援してるんだけどね!

 そんなこんなで最近では“アイドル一直線”ってな芸能人は減った。
 絶滅したとも言われる正統派アイドルだが、その生存が確認された!

 ブリちゃんこと『ブリトニー・スピアーズ』である!
 私が言うまでも無くバリバリのアイドルな彼女であるが、
 彼女を究極のアイドルたらしめている理由はただ一つ。
 それは、
heart04馬鹿馬鹿しいまでのセクシー路線heart04

 馬鹿っぽさを売りにしていないのに思いっきりバカ!
 「ブリトニーってやっぱり馬鹿だよね」と安心して語り合える。
 本当にホッとする。

 ブリトニーよ馬鹿のままでいてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004/08/22

喜多方ラーメンの嘘

 喜多方ラーメンについて言いたいことがまだある。

 食堂や料理屋の評価の基準はあくまでも「味」である。
 私は多少の接客・接遇の悪さは気にしない。
 美味しい料理が食べれればいいのだから。

 だけど喜多方のラーメンはどちらも最悪!
 私が喜多方で入ったある店について報告しましょう。

 場所は喜多方駅のまん前。
 馬車乗り場のすぐそばにあります。
 店の名前は『平○食堂』といって、わりと派手な外装だからすぐに見つかります。
 すぐに見つかりますが入ってはいけません!

 店内にはなぜか芸能人のサイン色紙がびっしり。
 取材とかも頻繁に受けているようでした。

 この店の悪いところは店員が接客しないこと。
 込んでもいないのにいつまで待っても注文を取りに来ない。
 これは接客以前の問題!

 やっと来た店員に注文を告げても反応なし。
 「日本語が通じないのかな?」と真面目に考えてしまいました。

 出来上がったラーメンが運ばれてきます。
 その際も言葉は一言も発せず。
 愛想の悪い店は珍しくありませんが、
 無言の店というのは、恐らく皆無ではないのでしょうか?

 思い出しているうちに、
 だんだん腹が立ってきた。
 続きはまた今度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

華氏911を観た

 初日に華氏911を観にいってきました。

 先入観を持たずに観るべき作品ですよこれは。
 映画はブッシュ批判が満載なんだけど、観客に価値観を押し付けている訳ではない。

ブッシュが犯してきたたくさんの罪、ブッシュの馬鹿さ加減、ブッシュ政権の“嘘”

 この映画は今この瞬間に世界で実際に起こっている出来事を紹介しているだけなんです。

 ブッシュの政治手法をそのまま紹介しただけ!

 ブッシュ家の交際相手を紹介しただけ!(サウド王家とビン・ラディン一族)

 だから特定の政治的な価値観に偏った映画ではない。

 観客に『ブッシュとその政権は世界をこんな風に騙したのですよ。あなたはどう思いますか?』と、問いかけているんです。

 だから映画を観て『ムーアはけしからん!俺はブッシュ支持だ!』と思うのは個人の自由。

 観てもいないのに、『政治的に偏った映画は観たいと思わないね』と、したり顔で語る小泉総理は哀れだ。
 そんな発言しかできないあなたの感性の貧しさに同情するよ!

 それとも映画を観ないことがブッシュへの忠誠なのかな?

| | コメント (1) | トラックバック (9)

2004/08/21

偽善番組

今年もやって参りました。
視聴率不正操作の日本テレビが放つ超偽善番組。
週末のテレビ観賞をつまらなくするあれ。
福祉関係者に見せたくない番組第1位。
(私の知る福祉関係の人は番組に怒りを覚えるそうだ)

24時間テレビ。
うわー、文字を入力するのも汚らわしい。

なんで年に1回、夏の終わりになると急に皆さん他人や弱者に優しくなるの?
訳の分かんないテレビ番組に煽られなくても、
常に社会福祉に関心持ってくださいよ。

ジャニーズを出演させなくてもいいです。
芸能人にマラソンさせて視聴者を無理やり感動させようとしなくていいです。

誰も観なくなった巨人戦中継なんかに気合入れずに、普段から公共の福祉に貢献する番組作ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイケル・ムーアをもっと知る

MichaelMooreJapan.com マイケル・ムーア 日本版公式ウェブサイト

マイケル・ムーアの映画は観たことある人は結構大勢いると思う。
公開中の華氏911で新たなサポーターも増えそうだし。

ムーアの映画のセンスは最高なんだけど、ライターとしての才能もずば抜けているんですよ。
映画を観たらムーアの本も読みましょう。
日本語訳のセンスもいいからどんどん読めちゃう。

とりあえずムーアの日本語版公式サイトでも彼の才能の片鱗を味わえるから覗いてみたら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/20

華氏 911 を観てください!

華氏 911 オフィシャルサイト : HERALD ONLINE

明日から華氏911公開です。
とにかく観にいきましょう!

私たちにできることは映画を観ること。
そして真実を知ること。
知識を手に入れること。

マイケル・ムーアが与えてくれたチャンスです。
アメリカ国民でなくてもいいんです。

この映画を支持することがブッシュにとって脅威となるんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカンバイク嫌い

自動二輪の免許制度が改正されてから数年経ちました。

かつては400CC以上のバイクに乗るには、運転免許試験場での実技試験にパスしなければだめでした。
今は自動車学校で必要な課程を修めれば大型2輪免許が交付されます。

一言で言ってしまえば「ヘタクソでも大型バイクに乗れる」時代が来てしまったのだ。

路上で見かけるバイクはビッグバイクばかり。
しかも下品なアメリカン!
だけど残念なことにみんな下手なんだよなー

バイクに乗せられているっていうか・・・

腹の突き出た変な親父とか、
頭の悪そうな「似非バイカー」の若造。

てめーらバイクが好きなんじゃないだろ?
アメリカンバイクのインチキな雰囲気が好きなだけだ!
ガラクタみたいなバイクに乗りたがる奴は消えてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全裸外国人自殺事件 その後

 私がこだわり続けている事件がある。

 既に何度もログに取り上げた、
 『外国人全裸飛び降り自殺』である。

 しつこいようだが、この手の事件はかなりショッキングな事件だと思う。
 白人男性が全裸で、しかも2人同時に自殺しているのである。

 女性週刊誌や、ワイドショー。
 保守を標榜する右派ジャーナリズムなら、
 好んで題材にし騒ぎ立てるはずなのだ。

 なのに全く続報が無い。

 自殺の現場はあの“京王プラザ”である。
 沖雅也の自殺と関連させればしばらくの間いいネタになったのに。

 どうして報道されないのか?
 ひょっとして報道管制?

 このままだと忘れ去られてしまい、数年後に「事件の真相は実は~」なんて風に、もっともらしい理屈をつけて蒸し返されて「ハイ、終わり!」となりかねない。

 誰も気にしていないみたいなので、私の勝手な推理を当サイトで開始しようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/19

鴻之舞・今昔写真集

鴻之舞・今昔写真集

かつて紋別に存在した金山「鴻之舞」の往時の様子が克明に綴られているサイトです。
紋別にいくことがあったら、
是非とも立ち寄ってください。
そして慰霊碑に手を合わせてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喜多方ラーメンについて

ご当地ラーメンといえば多くの人は何を思い浮かべるだろう?

札幌の味噌ラーメン。
博多や熊本の豚骨ラーメン。
和歌山の豚骨醤油ラーメン。

昔ながらの醤油ラーメンの東京などもあるが、
やはり“ご当地”となると地方のラーメンを思い浮かべる。

そんなご当地ラーメンだが、
喜多方ラーメンってなんなんだろう。

本当に皆は美味しいと思って食べているのだろうか?
私は何度も喜多方を訪ねているし、
喜多方ラーメンを看板に掲げたお店で食したこともある。

一度として私は美味しいと感じたことがない。

味覚に個人差はつきものである。
食習慣や生活環境で嗜好に隔たりがあるほうが自然だ。

ただ喜多方ラーメンに限っていえば、
札幌や九州のような強い個性や主張は無い。
かといって研ぎ澄まされた洗練さも感じさせない。

喜多方ラーメンというブランドだけが一人歩きしている。

喜多方ラーメンってのは、
美味しくも無く、不味くも無い。
私にとっては無味乾燥のような存在だ。

観光行政の誇大広報と、
それに相乗りした、いんちきメディアが作り上げた偶像。

喜多方ラーメンに騙されてはいけない・・・

| | トラックバック (0)

2004/08/18

嘘だと言ってよ、オーウェン・・・

何回思い出しても悔しい・・・

本当にリバプールを出ていくのか?
オフシーズンの移籍の目玉として常連のオーウェンだったけど、
本当に移籍の目玉になっちゃうなんて・・・

なんでレアルなんて成金野郎チームに行くんだよ。

オーウェンのくそ馬鹿野郎!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更新しました。UNFORGETTABLE ☆紋別☆

UNFORGETTABLE ☆紋別☆

超マニアックな紋別サイト
『UNFORGETTABLE☆紋別☆』が更新しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

童顔のメリット ~夏編~

自慢ではないが私は童顔だ。
実際の年齢より10歳以上若くみられることも珍しくない。

あまり実生活でメリットを感じることは無い。
むしろデメリットのほうが多いかも。

いわゆる貫禄がないのである。
別に威張りたいわけではないが、
自分より遥かに年下の奴に生意気な態度で接せられるとムカつく。

先輩や上司からはいつまでも子供扱い。
皆と一緒に年齢を重ねているのに、周囲にその自覚が無い。

メリットはあるんだけど、大したものではない。
この夏に某スーツ量販店にスーツを買いに行った。
店員さんは私の顔を眺めて、
『会社訪問用のスーツをお探しですか?』ときた。
私が大学生に見えたらしい。
悪い気分はしない(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/17

オーウェンお前もか!

レアル・マドリーが許し難いことをしでかした。

リバプールFCの至宝、
“ワンダーボーイ” マイケル・オーウェンを引き抜いたのだ。

引き抜いたとは言っても、ビジネスであるから双方のチームでメリット・デメリットを分析したうえでの判断なのだろう。

そう考えると簡単にオーウェンを放出したリバプールにも腹が立ってきた。

オーウェンにもだ。
お前何考えてんだ!

そんなにレアルのブランドは魅力か?
高額の年俸を提示されたのか?
リバプールには愛着を感じないのか?

理由はどうであれオーウェンの判断はサポーターへの裏切り行為だ。
バルサからレアルに移籍したフィーゴに等しい行いだ。

レアルも馬鹿だね。
攻撃の枚数ばっかり増やしてどうすんのさ。

オーウェン帰って来ておくれ。
私が好きなのは“リバプールのオーウェン”なんだよ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謎の料理 ~ザンギ~

北海道にしかない味覚に“ザンギ”というものがある。
なにかの略ではなくて、カタカナで『ザンギ』というのがきちんとした名称らしい。

鶏の唐揚げ風の食べ物で、味も似ている。
しかし、ザンギと唐揚げは明確に分類されている。
スーパーの惣菜売り場でも両方が並んでいたりする。

つまり“唐揚げ”と“ザンギ”は全く異なる料理なのだが、
誰もその根拠を説明できないのである。
私がこの食物にこだわる大きな理由がそれだ。

ザンギとは何なのか?
北海道人ですら説明できない料理なのに、
北海道の味の重要な位置を占めているこの料理のルーツは?

ちなみに私はザンギが大好きだ!
香ばしく揚がったザンギは醤油のこげた香りが素晴らしく、
ご飯のおかずになるし、
酒のつまみとしても最適なのだ。

ザンギ研究は今はじまったばかりだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/16

最低のF1である!

誤解を恐れずに言わせてもらう。
現行のF1ほどくだらないものはない

自動車レースというものは、レースの種類にもよるが基本的に速さを競う競技である。
スプリントレースなら規定周回数をいかに早く走れるかを競い、
耐久レースであれば規定時間内にたくさん周回した者が勝つのである。

F1レースはスプリントレースの部類なので当然速さを競うわけである。
邪魔な者が前にいれば追い抜きながら前に出て、
ひたすら先頭でゴールできることを目指すのだ。

常軌を逸したスピードのマシンを超人的な技量で操るドライバーに対し、
私たちは賞賛を送り畏敬の念を覚える。

しかし、残念ながら近年のF1には畏怖の念をもって感嘆してしまうようなドライバーはいない。

レース自体が恐ろしいほど退屈であるからだ。

給油のために何度もピットインを必要とされ、
タイヤ交換も同様なため、
コース上で無理に追い抜かなくても、
ピットストップを上手に利用した者が有利になる仕組みなのだ。

こんなのは競走ではない。

シューマッハーが現在のF1界ではトップに君臨している。
しかし私は彼を認めない。
けして認めることはできない。

彼が勝利を重ねるようになったのは、
レギュレーションが現行の形式に近いものが確立されてからなのだ。

絶対的な速さでレースを支配し、
他のドライバーを屈服させているわけではない。
いわゆる“レース運び”がうまいだけなのだ。

別な表現をするとシューマッハーは、
『姑息』なのだ。

記録だけ並べれば彼は大したものだ。
しかし大事なことを忘れてはいけない。

何度も繰り返すがシューマッハーは“少し速いだけ”なのだ。
彼はその人格も含めて尊敬できる人間ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚の「やきとり」

地域によっては同じ食べ物であっても、
呼び名や作り方には微妙な変化があるものです。

しかし、名称と素材が全く一致しない食べ物となると非常に珍しい。

それが室蘭の“やきとり”だ!

室蘭のやきとりは鶏肉が使用されていない。
肉はなぜか豚を使用している。
だけど、呼び名は「やきとり」なんである。
普通に考えれば変なんだけど、
室蘭周辺の人々にとっては「豚のやきとり」が普通らしい。

なぜこんなことになったのか?
起源については諸説あるようだが、
以下の説明が一般的に支持されているようだ。

室蘭やきとり 
誕生のいわれには諸説があり、はっきりしない。戦時中、軍が養豚を奨励して皮を軍靴に利用し、屋台などで内臓などが出回ったのをきっかけに、安いことや、鉄鋼労働者が多いことなどから室蘭地方で定着したという説が有力という。現在、豚精肉1本で100~120円。室蘭市内のやきとり専門店は約65店。ゆうパックで全国発売もしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/15

乳牛、ヒグマに誘拐される!

Yahoo!ニュース - 社会 - 毎日新聞

<ヒグマ>牛舎の乳牛を襲い連れ去る 北海道愛別町

 14日午前8時ごろ、北海道愛別町、牧場「入谷畜産センター」から「牛舎の乳牛がヒグマに連れ去られたようだ」と110番通報があった。旭川東署の調べでは、牛舎内にはヒグマにかまれ、引きずられたと見られる乳牛の血痕が見つかった。同署と地元のハンターが出動し、ヒグマを追跡している

北海道ならではですね ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道・十勝、豚丼検索サイト「ブタドン.コム」

BUTA-main

本当の豚丼を知っている人はどのくらいいるのか?

本当に美味しい豚丼を知りたければ迷わず行けよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/14

スターシップ・トゥルーパーズ最高!

今日は朝からオリンピックの映像一色・・・

あいもかわらず柔道やバレーボールとか、
日本人好みの競技しか放送しないから飽きちゃったよ。

しかーし!
今夜の映画はなんと!
スターシップ・トゥルーパーズだ!

沈んだ気持ちもこれで吹っ飛ぶはずだ!

オリンピックなんかよりやっぱり、
機動歩兵のほうがかっこいいよね!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

がんばれ!わかさいも

わかさいものホームページ(TOP)

北海道の名物に美味いものあり。
意外と知られていないのが、
『わかさいも』だ!!!!!

毛ガニやタラバもいいけれど、
『わかさいも』を知らないと、
あなたの人生にとって大きな損失となるでしょう。

天下一品!わかさいも!

噴火にも屈しないぞ!わかさいも!

サツマイモを一切使用していなのにわかさいも!

北海道のスイーツの定番わかさいも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NSR250R画像

バイク乗りてー
夏が終わっちまう(T_T)200404111306000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/13

続報がない全裸外国人自殺

 どうやら亡くなった外国人2名は、避難用はしごを登って、京王プラザホテルの最上階にいったらしい。

 飛び降り自殺そのものは珍しくもなんともない。
 つい先日も通行人を巻き込んだ事件があったばかりだ。

 では、なぜ今回の事件が気になるのか?

 全裸になる必要があったのか?
 2人一緒じゃなきゃダメな理由がみつからない。
 そして2人の関係は?
 マスコミや世間はもう関心がなくなったのか?

 真実にたどり着くことはできるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道の結婚披露宴

 私が体験したカルチャーギャップ。
 それは北海道での結婚披露宴でのこと。

 まず、御祝儀という概念が存在しない。

続きを読む "北海道の結婚披露宴"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外国人全裸飛び降り自殺事件

 数日前に報じられた事件です。

 たしか東京の京王プラザ付近で、全裸の白人男性が2人で血を流して死んでいるのを深夜に発見されたというのが事件の発端だったと思います。
 どうやらホテルのベランダから飛び降りたらしく、室内からは折りたたんだ衣類が発見されたそうです。
 自殺の可能性が高いとのこと。

 自殺した外国人の名前とか身元は公表されていませんでした。
 まだ、調査中ということなんでしょうか。

 でも、なんで全裸なんでしょうか?
 2人で一緒に死んだってことは心中?

 たんなる自殺事件かもしれないけど、気になる事件だ!

 結構ショッキングな事件なのに、ワイドショーでの扱いの少なさも変だ。

 私が知らないだけで、事件の真相はとっくに解明されていたりして・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なでしこジャパン?

男子サッカーはパラグアイに負けたけど、
女子サッカー代表は快調なスタートをきった。

女子サッカーのパワーバランスはよく知らないけど、
スウェーデンに勝ったのは凄いことらしい。

スポーツは結果が全て。
試合結果で評価が別れるのは仕方が無いこと。
それにしてもマスコミの報道のやり方が気に入らない。

試合は深夜だったので、私は寝ました。
朝のニュースのスポーツコーナーで内容を知れば良いから。
だけど呆れるくらい報じていない。
日本が負けたから?
勝っても負けても同じくらいのボリュームで報道しろよ。
勝てばウンザリするほど時間をかけて、
同じゴールシーンをリプレイしアナウンサーが絶叫。
もうこのパターンには飽き飽きしました。

マスコミの方へ更にお願い。
変な愛称をやたらと付けないでほしい。
山本ジャパンだとかジーコジャパンだとか。
とくにここ近年で最低なのは、
〝なでしこジャパン〟
どういう意味ですか?

たぶん意味なんか何も考えていないのでしょうね。
なんとなく語呂がいいからなんでしょ。
所詮は。

〝なでしこジャパン〟
耳にするだけで恥ずかしい響き。
言われている選手達はどう思ってるんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/12

JAL 123便

 8月12日は、日航ジャンボ機123便が墜落事故を起こした日として多くの人たちに記憶されているはずです。
 私は別に事故の遺族でもなんでもないのですが、520名もの命を奪ったこの事件を忘れることができません。

 とにかく、この事故もしくは“事件”は釈然としないことが多いのです。
 事故当時、私は高校生でしたが、変だなと感じたことがたくさんあったと記憶しています。

 墜落原因が不明であること。

 事故後の原因究明の結果、最終的に機体後部の圧力隔壁が破損し、そのために垂直尾翼を失い、迷走飛行の末、墜落したとの報告でした。

 しかし、飛行機に詳しい友人などに言わせると、圧力隔壁自体は重要な部品ではあるが、その部分の破損が垂直尾翼を破壊するほどのパワーを生むとは考えにくいとのことでした。

 墜落現場の特定がなぜあんなに遅かったのか?
 迷走飛行中の機体を多くの住民や米軍が捕捉していたのにも関わらず、事故現場を特定できず見当違いの方角に救助隊を送っていた。
 しかもだ、事故直後に現場を特定した米軍ヘリが、救助体制でスタンバイしていたのに、日本側より米軍への協力要請をしなかったこと。
 米軍を引き返させる理由はなんだったのか?

 操縦困難なのになぜ、山間部に向かったのか?
 通常は操縦不能で空港に戻れる可能性も低い場合、胴体着陸を試みますが、問題はそのポイントをどこにするかなんです。
 普通は着陸時に地上の人々を巻き込まない場所を選びます。
 たとえば草原とか海上とか砂漠とか、
 とにかくだだっ広い場所が最適です。

 公開されたボイスレコーダーの音声から考えると、クルーの必死の努力によって機体が困難ながらも的確にコントロールされていたことがわかります。
 それならなぜ太平洋への着水を試みなかったのか?
 また、横田基地ともコンタクトしていた形跡もあり、基地を目前にしてなんで山奥に向かったのか?

 とにかく謎だらけの航空機事故です。

 事故の遺族や関係者の高齢化が報じられています。
 ここで恐ろしいのは事故が風化してしまうことです。

 辛いことかもしれませんが、遺族の方には真実を究明するためにも、機会があれば事故を語り継いでいってほしい。
 

 本当に忘却ほど怖いものはないのです。

 真実を究明しようという皆さんの地道な姿が、当時の日航や官民を問わず事故に関係した人たちの心を開かせるんじゃないですか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/08/09

「ローラーボール」を観よう!

 ローラーボールって映画が面白い。
 最近リメイクされたらしいけど、ここで紹介したいのは勿論オリジナル版。

 主演はジェームズ・カーンです(ゴッドファーザーの長兄の人)

「ローラーボール」を知らない人のために
 近未来に全世界の人々が熱狂するスポーツ「ローラーボール」
 数々のスタープレイヤーの中でも熱狂的に支持されるカリスマ的存在がカーンの役です。
 しかし、彼のあまりにも増大した大衆への影響力を恐れた機構の上層部。
 様々な手段でローラーボール界からの追放を企てますが、カーンは断固として応じません。
 ついに上層部は試合中の事故を装い抹殺することにしたのだが・・・

 以上が簡単なストーリーです。
 面白そうでしょ?

 だけどストーリーなんてこの際どうでもいいのだ。
 では、何に注目して観ればいいのか?

 1つめはズバリ「ローラーボール」そのものについて。
 映画のタイトルにもなっているローラーボールですが、どんなスポーツなのかさっぱりわからない。
 ルールの説明なんて一切無し!
 すり鉢状のバンクのついたトラックを、ローラースケートを履いた男がバイクなんかとも一緒に、とにかくグルグル回るんですね。
 2チームで先を争いながらひたすらグルグル回ります。
 そんな中でトラックに沿って高速で射出された鉄製のボールを奪い合い、奪ったら相手のゴールに投げ込むらしい。
 ゲーム中はどんなことも許されるみたいで、
 負傷者や死人が続出するんです。

 観たまんまを書き出しましたが伝わったでしょうか?
 たぶん映像があっても殆どの人は理解不能だと思う。

 2つめは映画の世界観。
 なんと表現すればいいのか悩むんだけど、
 この映画の未来観はなんだか垢抜けていない。
 国家という概念が消滅していて、大企業が世界を動かしているというのはよくある設定。
 ロボコップなんかもそうですな。
 しかし中途半端に未来っぽいんだよなー。
 建造物なんかも無理やり無機質っぽくしてるから、妙なオブジェに囲まれた公園みたい。
 1970年代初期のSF映画ってこういうのが多い。
 まるっきりバラ色の明るい未来ではないんだけど、機械文明への期待や憧れも挿入されている。
 一所懸命「未来」を映像化しようというスタッフの努力だけでも必見です!

 3つめはエキストラに注目!
 カーンの所属するチームが東京へ遠征する場面があるんです。
 試合中の東京サポーターの応援が凄い!
 全員立ち上がってトラックに向かい、応援歌を熱唱しながら、正拳突きを繰り返すのだ!
 もちろん東京ファンの多くはメガネをしています。
 典型的なオリエンタルごちゃまぜ状態!

 読んでるだけだと意味不明だろうけど、映像としてみると無茶苦茶クール!
 鳥肌ものです。

 能書きだけの映画評論なんてもうたくさんだ!
 面白い映画を観ましょうということ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/08

紋別がテレビに出たよ!

今日は日曜日。
お昼のテレビの定番といえば、
NHKのど自慢。

今日の会場はオホーツク紋別でした。

だけど私・・・
見逃しちゃったんです。
悲しい。

お願いします!
このサイトを開いてくれている皆さん!
番組の詳細をおしえてください!

「こんなことが紹介されていたよ」とか、
「こんな人が出てたよ」とか、
とにかくなんでもいいですから、
紋別のど自慢をおしえて!

| | トラックバック (0)

2004/08/07

やっぱりモータースポーツがいいよね

 モータースポーツのオリンピックへの導入っていい発想だと思いませんか?

 日本ではスポーツとしての認知度は低いようですが、欧州では立派なスポーツとして成立しています。

   Ayrton_senna_12

(画像は、F1MonacoGPにおける故アイルトン・セナの極限走行 )

 もし種目化するなら、マシンの性能差をなくすために、ワンメイクレースしかないですね。

 純粋にマシンの操作技術を競えばいいんです。

 バイク競技なんかは正に肉体を駆使した競技でしょう。

 最近は南米や東南アジアでも、F-1やモトGPの注目度が、以前にもまして高いようですし。

Freddie_spencer_12

(GP500の偉大なるチャンピオン。『ファスト』フレディ・スペンサー)

 中国でもF-1が開催されている時代ですから。

 競技の普及度もオリンピック種目における重要な要素です。

 そんな根拠で、モータースポーツがオリンピックにあったらいいな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トラックバック練習

トラックバックってどうするのさ?
これでいいのかな?

うまくいきますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗いニュースリンク

暗いニュースリンク

要チェックのサイトです。
真実を直視することは大切ですね。
シリアスな姿勢が大変に好感が持てます。

事実を受け入れることこそ勇気なのです。
また、真実の情報を発信し続けることも。

今後の活躍に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反ブッシュ

今年はアメリカ大統領選挙があります。
大統領の任期は4年間です。

この地球上で唯一の超大国となったアメリカを誰に任せるかを決める選挙となります。
今後の4年間をあなたは誰に任せたいですか?

2000年の大統領選挙でブッシュが勝利してから世界はどうなりましたか?
環境保護活動は活発になったでしょうか?
世界の各地から紛争やテロは減少しましたか?
人権や人道に配慮した政策は拡大したのでしょうか?
貧困の問題はどうなりましたか?
思想や信教の自由は保障されてきましたか?

答えは “NO!” です。

素人がみてもわかるインチキでたらめ選挙でブッシュが政権を奪ってから世界は変わってしまいました。

人々は自分のことしか考えなくなりました。
他者に対して不寛容になりました。
不寛容は憎しみを生み、
不寛容の行き着く果ては戦争です。

ブッシュの考え方は単純です。
「アメリカさえ良ければ他のことは知らないよ」
「ブッシュ家さえ繁栄すればいいんだよ」
「今さえよけりゃいいんだよ、将来のことは任せた!」
小泉総理が大統領になったようなものです。
無責任。
自己中心的。
放任主義。
楽観主義。
無教養。
反知性。
国粋主義。
小泉総理の追い求めているものの全てを兼ね備えた人物。
小泉総理の憧れである理想の政治家。
わかりやすいですよね?

とても国家や世界を正しい方向へ導く人間とは思えません。

民主党のケリー候補が優れているかどうかは知りません。
基本的に共和党も民主党も政党間に政策の大きな格差はありませんから。
だからといって、大統領が誰でもいいてわけじゃないでしょ?
少しでもマシな人に政権を任せたいじゃないですか。

これは理屈ではなく本能なのかもしれません。
『ブッシュを大統領にしてはいけない!』

たぶんブッシュは選挙に負けます。
アメリカ国民も馬鹿ではないはずです。
良心というものがあるのならケリーに投票するはずです。

あとは公正な選挙が実施されるのを祈るだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/08/06

UNFORGETTABLE ☆紋別☆アップしました!

UNFORGETTABLE ☆紋別☆

究極の紋別ポータルサイト(自称)
UNFORGETTABLE☆紋別☆!!!

紋別裏観光のコーナー更新しました。
『やぎぬま商店』が今回のテーマです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mad Max Movies

Mad Max Movies

マッドマックスがお好きな方はどうぞ。
撮影で使用されたクルマやバイクの画像がたくさんあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/05

ファントム画像

悪魔に魂を売るか?

paradi12

ロックって怖いと思わせる映画。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

ファントム・オブ・パラダイス

 これから何度も紹介したいと思う映画があります。
 しつこいくらい何度も紹介することになります。

 私が尊敬する三留まゆみさんの歩んできた来た道を、
 私も追って行くんだなと感慨にふけるのです。

 私がこの映画と出会ったのは高校3年の頃。
 大学受験を控えて一応勉強に励んでいたのです。

 確か土曜の深夜だったと記憶しています。

 なんとなく不気味で、
 限りなく悲しく、
 ロックの恐ろしさに満ち溢れた映画・・・

 それがファントム・オブ・パラダイス
phantomparadise2.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

漫画の名場面 デビルマン編の2

 さて、デビルマンの原作で私が一番好きな場面。
 というか、漫画史に残るであろう美しいシーンがあるので知ってほしい。

 KCコミックスをお持ちの方はお手元に5巻をご用意ください。

 デビルマン不動明の親友飛鳥了がテレビに出演します。
 悪魔の真実を皆に伝えたいとのことなのですが、これは口実で、不動明が悪魔と合体するシーンを放送してしまいます!

 悪魔の恐ろしさを更に人類に叩き込むのが目的だったのです。

 テレビ放送の直後、この放送を見入っていた牧村家に衝撃が走ります。
 悪魔と同居していたわけですから。
 不動明は牧村家を去る決心をします。
 なぜなら悪魔の総攻撃後、政府は残された工業力や技術力を結集して、悪魔特捜隊という人間狩りを実施していたからなのです。

 悪魔がいた牧村家は、当然ですが悪魔狩りの標的になります。
 だから不動明は牧村家を後にしたのですね。

 問題はここからです。
 不動明は裏切り者の飛鳥了を探し出すことにします。
 デビルマンの仲間を総動員して飛鳥了を捜索しますが、
 一晩中かかっても探し出せません。

 ようやく不動明と飛鳥了が出会えたのは、朝日の昇る頃なのでした。

 つづくだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/01

札幌ラーメン横丁について

北海道は美味いラーメンが食べられる地域として全国にその名を轟かせています。
そのなかでも札幌すすきのにあるラーメン横丁は有名です。

皆さんは実際にラーメン横丁に行ったことがありますか?
そして、実際にラーメン横丁で食べたことがありますか?

私は昨年、北海道を訪れた際に初めてラーメン横丁に行きました。
たしかに細長く狭い路地に数多くのラーメン屋がひしめき合って軒を連ねています。

どの店もとても狭く、ほとんどがカウンター席がメインの店で10人も入ればキャパが限界です。

私はどの店に入ろうかと悩んだ挙句『ひぐま』というお店に入りました。
選んだ理由は、
①いかにも北海道らしい名前であること。
②店長さんの雰囲気が寡黙で好感が持てた。
 (他のお店の店員さんたちは結構激しく呼び込みしてました)
③旅行代理店の添乗員さんが大勢居たから。
 (私の独断なのですが、ツアコンの方々は自由時間に客には適当なお店を紹介しても、自分たちはしっかり店を選ぶ傾向がある、つまり美味しいお店を選ぶ)

大体以上のような動機で入店しました。
注文は味噌ラーメンにしました。
最近は北海道でもいろんなご当地ラーメンがもてはやされているようですが、
ここは札幌ラーメン横丁!
王道でいくのが基本でしょう。

食べてみます。
あっさり系の味噌ラーメンで、スープに野菜の旨みがにじみ出ています。
具は炒め野菜がメインですが分量は意外と控えめ。
もやしの量が少ないかわりにたタマネギが個性を主張しています。
私はラードでギトギトのスープ、
もやしがどっさり状態を期待していたので、
若干拍子抜けしました。
だけど、こういうスタイルの味噌ラーメンもあるんだな、
札幌ラーメンって奥が深いなとすぐに思考を切り替えました。

おなかも満腹となりお勘定をしました。
料金ははっきりいって高めですね。
他の店の値段も総じて高めです。
やはり観光客相手なので多少ぼったくっているのでしょうか?

『ひぐま』の味噌ラーメンを美味しいと感じたのは事実です。
ラーメン横丁に行く機会があったら再度入ってみたいと思いました。

しかし『ひぐま』については後日談があります。
それは次号でお話しましょう。

| | コメント (19) | トラックバック (2)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »