« 乳牛、ヒグマに誘拐される! | トップページ | 最低のF1である! »

2004/08/16

豚の「やきとり」

地域によっては同じ食べ物であっても、
呼び名や作り方には微妙な変化があるものです。

しかし、名称と素材が全く一致しない食べ物となると非常に珍しい。

それが室蘭の“やきとり”だ!

室蘭のやきとりは鶏肉が使用されていない。
肉はなぜか豚を使用している。
だけど、呼び名は「やきとり」なんである。
普通に考えれば変なんだけど、
室蘭周辺の人々にとっては「豚のやきとり」が普通らしい。

なぜこんなことになったのか?
起源については諸説あるようだが、
以下の説明が一般的に支持されているようだ。

室蘭やきとり 
誕生のいわれには諸説があり、はっきりしない。戦時中、軍が養豚を奨励して皮を軍靴に利用し、屋台などで内臓などが出回ったのをきっかけに、安いことや、鉄鋼労働者が多いことなどから室蘭地方で定着したという説が有力という。現在、豚精肉1本で100~120円。室蘭市内のやきとり専門店は約65店。ゆうパックで全国発売もしている。

|

« 乳牛、ヒグマに誘拐される! | トップページ | 最低のF1である! »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「北海道」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/1205066

この記事へのトラックバック一覧です: 豚の「やきとり」:

« 乳牛、ヒグマに誘拐される! | トップページ | 最低のF1である! »