« 豚の「やきとり」 | トップページ | 謎の料理 ~ザンギ~ »

2004/08/16

最低のF1である!

誤解を恐れずに言わせてもらう。
現行のF1ほどくだらないものはない

自動車レースというものは、レースの種類にもよるが基本的に速さを競う競技である。
スプリントレースなら規定周回数をいかに早く走れるかを競い、
耐久レースであれば規定時間内にたくさん周回した者が勝つのである。

F1レースはスプリントレースの部類なので当然速さを競うわけである。
邪魔な者が前にいれば追い抜きながら前に出て、
ひたすら先頭でゴールできることを目指すのだ。

常軌を逸したスピードのマシンを超人的な技量で操るドライバーに対し、
私たちは賞賛を送り畏敬の念を覚える。

しかし、残念ながら近年のF1には畏怖の念をもって感嘆してしまうようなドライバーはいない。

レース自体が恐ろしいほど退屈であるからだ。

給油のために何度もピットインを必要とされ、
タイヤ交換も同様なため、
コース上で無理に追い抜かなくても、
ピットストップを上手に利用した者が有利になる仕組みなのだ。

こんなのは競走ではない。

シューマッハーが現在のF1界ではトップに君臨している。
しかし私は彼を認めない。
けして認めることはできない。

彼が勝利を重ねるようになったのは、
レギュレーションが現行の形式に近いものが確立されてからなのだ。

絶対的な速さでレースを支配し、
他のドライバーを屈服させているわけではない。
いわゆる“レース運び”がうまいだけなのだ。

別な表現をするとシューマッハーは、
『姑息』なのだ。

記録だけ並べれば彼は大したものだ。
しかし大事なことを忘れてはいけない。

何度も繰り返すがシューマッハーは“少し速いだけ”なのだ。
彼はその人格も含めて尊敬できる人間ではない。

|

« 豚の「やきとり」 | トップページ | 謎の料理 ~ザンギ~ »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/1208787

この記事へのトラックバック一覧です: 最低のF1である!:

« 豚の「やきとり」 | トップページ | 謎の料理 ~ザンギ~ »