« 嘘だと言ってよ、オーウェン・・・ | トップページ | 鴻之舞・今昔写真集 »

2004/08/19

喜多方ラーメンについて

ご当地ラーメンといえば多くの人は何を思い浮かべるだろう?

札幌の味噌ラーメン。
博多や熊本の豚骨ラーメン。
和歌山の豚骨醤油ラーメン。

昔ながらの醤油ラーメンの東京などもあるが、
やはり“ご当地”となると地方のラーメンを思い浮かべる。

そんなご当地ラーメンだが、
喜多方ラーメンってなんなんだろう。

本当に皆は美味しいと思って食べているのだろうか?
私は何度も喜多方を訪ねているし、
喜多方ラーメンを看板に掲げたお店で食したこともある。

一度として私は美味しいと感じたことがない。

味覚に個人差はつきものである。
食習慣や生活環境で嗜好に隔たりがあるほうが自然だ。

ただ喜多方ラーメンに限っていえば、
札幌や九州のような強い個性や主張は無い。
かといって研ぎ澄まされた洗練さも感じさせない。

喜多方ラーメンというブランドだけが一人歩きしている。

喜多方ラーメンってのは、
美味しくも無く、不味くも無い。
私にとっては無味乾燥のような存在だ。

観光行政の誇大広報と、
それに相乗りした、いんちきメディアが作り上げた偶像。

喜多方ラーメンに騙されてはいけない・・・

|

« 嘘だと言ってよ、オーウェン・・・ | トップページ | 鴻之舞・今昔写真集 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「ラーメン」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/1230856

この記事へのトラックバック一覧です: 喜多方ラーメンについて:

« 嘘だと言ってよ、オーウェン・・・ | トップページ | 鴻之舞・今昔写真集 »