« 紋別専門サイト更新しました | トップページ | ゴーヤ画像 »

2004/08/26

華氏911とエミネムから、日本を考える

 華氏911は実に見事にアメリカ社会の暗部を描いてくれた。
 マイケル・ムーアに感謝!

 ブッシュの間抜けさの表現ばかりが日本のマスコミでは報道される。
 ちゃんと映画を観たのかな?
 偏向報道はやめてくださいね!日本にも関係してくる内容なんだから。

 単に反ブッシュなんじゃなくて、ある意味『反アメリカ』、『反市場原理主義』な映画なんだよね。

 根強い人種問題。

 深刻な貧困問題。

 どうしようもない閉塞感。

 明日に希望を持てない若者。

 その若者の人生を搾取する軍のスカウト。

 軍に子供の将来を委ねる母親。

 巧妙に張り巡らされた巨大資本による支配構造。

 肥え太る軍需産業等の巨大コングロマリット。

 イラクで死にゆく一般市民。
 悲惨な現実であるがアメリカ国民は知らない。
 知らせたとしても受け入れることができない。

 当然だと思う。
 なぜならアメリカ国民は自分たちの身近な問題にすら目を向けることができないのだから。
 華氏911を観た方には是非エミネム主演の『8マイル』も観てほしい。
 アメリカの繁栄の影に見捨てられた、関心を持ってもらうことすら期待のできない、決して救いの手がさしのべられない、アメリカ国内の最下層の人々の姿が、リアルに描かれている。

 日本にも似たような人達が大勢いるじゃないか。ネット難民とか、派遣労働で搾取されまくってその日暮らしのフリーターとか。

 ラッパーの出ているアイドル映画として結論づけるにはもったいなさすぎる。

 ラッパーであるエミネムのエネルギーの根源は“怒り”である。
 彼の政治的な発言が注目されることはあまりないようだ。
 しかし、怒りの矛先が向けられているのは明らかにアメリカそのものに対してなのだ。

 最下層の貧困な家庭で育ったエミネムの曲は切実だ。
 ドラゴンアッシュとかの馬鹿ラッパーとは違う。
 ポーズではない真の意味での反体制なのだ。

 エミネムの政治的な立場なんてどうでもいい。
 『華氏911』でアメリカに疑問を持ったなら、
 『8マイル』でアメリカ国内の忘れ去られた市民の現実に関心を持ってほしい。

 関心を持つことによって、次のアクションに移行できるのである。

 そして、日本でも同様の現実が存在するということから目を背けないで欲しい。

“知ったってどうにもならないこと”とか、“何をしたらいいの?”って思う人へお願いがある。

 今の日本でもアメリカ同様に不公正な社会構造が形成されており、変革が不可避な時期に来ているということを、友達でも職場の同僚でもいいから、話し合って欲しい。

 一党独裁と表現しても差し支えないほどの支配体制を組織している、自民党と公明党政権からの脱却が必要な事実を直視して欲しい。

|

« 紋別専門サイト更新しました | トップページ | ゴーヤ画像 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/1280739

この記事へのトラックバック一覧です: 華氏911とエミネムから、日本を考える:

» [Movie]  華氏911(マイケルムーア監督作) [タイで想う日々の日記]
これは映画というメディアを借りた、 ある作家の怨念であり、 (独断ではあるが偏見ではない)意見書ではないか。 カンヌで賞を獲ってしまいましたが、 この作品に「... [続きを読む]

受信: 2004/08/27 00:53

» 華氏911 ★★★ [つまらん!]
戦争は憎しみのスパイラルと考える。 ぶっちゃけた話、ブッシュ政権への批判はどうでもいい。眠かった。この映画で最も集中して考えさせられたのは、“人間が殺され... [続きを読む]

受信: 2004/09/01 01:43

» エミネム v.s. ブッシュ [tolio-log]
「バグダードバーニング by リバーベンド」(邦訳版)より リンク:ゲリラニュー... [続きを読む]

受信: 2004/11/07 13:02

« 紋別専門サイト更新しました | トップページ | ゴーヤ画像 »