« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月

2004/09/28

北海道の味 『ザンギ』

北海道の食文化を影で支える代表的な味覚・・・
それが『ザンギ』だ!!!!!!

そもそもザンギとは何か?
簡単に言えば、鶏肉に醤油風味の味をつけて、唐揚みたいな衣をつけて油で揚げた料理のことである。

「それって鳥の唐揚げと違うの?」というお声もあるかと思いますが、あくまでも『ザンギ』は『ザンギ』なのです。
ザンギと鶏唐の違いは不明です。
知っている人がいたら教えてもらいたいくらいです!
私がかつてすごしたオホーツクの紋別市のスーパーの惣菜売り場ではザンギと唐揚げが並んで売られていたくらいだから。

たぶん北海道人の方々も「ザンギと鶏の唐揚げってどう違うの?」ってな質問に即答できる人はいないと思う。

普通の食堂でもザンギはきちんとメニューに存在する。
ザンギ定食は略して「ザン定」と言われている。
お持ち帰りのザンギ弁当は「ザン弁」と言われていた。(響きにちょっと抵抗があるが(^_^;))
カレーライスと一緒に盛り付ける「ザンギカレー」なるものも存在した。

店によってザンギの味や作り方は微妙に違うよーだ。
肉を大きめにカットし薄い衣で仕上げている店もあれば、細かくカットしタレに漬け込んで揚げている店もある。
前者は一般的な唐揚げとかケンタのチキンに雰囲気は似ている。
後者の漬け込み型ザンギは本州ではあまりお目にかからないスタイルだと思う。
かなりしょっぱいのだ。
しかし細かく肉が裁断されているから、鶏皮の部分がカリカリに揚がっていて香ばしく、一口サイズで食べやすい!
ごはんのおかずやビールのつまみには後者が向いていると思う。

ザンギの定義も謎だが、もっと奥が深いのは呼び名の由来である。
いきなり道内人から「ザンギを食べに行こう」と誘われた日にゃ、私の頭の中は「?????????」
ザンギって何?
なんか北海道特有の海産物の珍味?
それとも新種のジャガイモ?
紋別の居酒屋で始めて対面したザンギは普通の揚げ物でした。
そして北海道らしさのみじんもない普通の鶏料理でした。

ザンギの食べ方もいろいろ。
そのままでも十分に味が付いていますから私などはそのまま食べていました。
北海道人の方は濃い味が好みらしく必ず何かをつけていましたね。
一般的には中濃ソースが多数派でしたね。
ほど良い酸味がザンギによく合いますので私もお気に入りでした。
もっと濃厚なものを求める方はソース+マヨネーズ。
不味くはないですし、お好み焼きと似たような味になりますから一昔前のマヨラーも大喜び。
さらに刺激を求める方はソース+マヨネーズ+七味唐辛子で完全武装となります。
ここまで来ちゃうと、原型が不明な暴走族のデコ単車状態です。
ザンギ喰ってるのか、調味料喰ってるのか訳がわかりません。

『ザンギ』ほどイメージが沸きにくい料理はないでしょう!
私が“ザンギ”と聞いて何をイメージしたか?
それは・・・
当時一世を風靡していたカプコンの大人気の対戦型格闘アクションゲーム “ストリートファイターⅡ”にでてくるソビエトのプロレスラーの『ザンギエフ』でしたよ。

毛ガニやタラバガニもいいけれど、北海道人の生活に根ざしたザンギを忘れちゃいけないべさ!
もっと『ザンギ』の存在を北海道人は誇りましょうよ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004/09/27

プロ野球に理念無し!

サッカー協会の川渕さんの言葉はいつも心に染み入るな~
プロ野球に対しての挑発的なまでの苦言が。

プロ野球がなんだかゴタゴタしているみたいだ。
合併だとか、新規参入だとか。
経営者側と選手会の労使交渉だとか。
今は新規参入競争で企業同士が争っている。

いいかげんにしてよ!
私はプロ野球というものに全く興味が無い。
というか野球そのものに対する興味も関心も一切無い。
それなのに一般のニュースのトップは野球一色でしょ?
高校野球も異常ですね。
ヒステリックなまでな感動の押し売りには辟易!
誰が高校野球が純粋で無償だなんて思うか!

勝手に「国民の最大の関心事」にしないでくださいよ。
報じる必要がある重大な情報はもっとあるのだろうに・・・

私は野球に対して興味や関心が無いというより憎悪に近い感情をもっているから、何かにつけ野球やその関係者がちやほやされている現状が我慢できないんですよね。

たとえば学校のクラス対抗スポーツ大会といえば有無を言わさず種目は「野球」
クラブ活動においても、いやらしいくらいにえこひいきされていたのが「野球」
どんなにバカで素行不良でも「野球」ができれば優遇される。
社会に出ても職場のスポーツ活動は一種目しか選択できない。
理由は「野球」しか存在しないから・・・

『野球を嫌いだ』とか『野球をしたことが無い』、『野球のルールを知らない』なんて発言をしようものなら完全に変人扱いですよ。
これは私が体験した事実に基づいたことなんです。

プロスポーツの話題といえばプロ野球ぐらいしか発想できないのは一定以上の年齢を超えた人達。
私は本当に野球に対しては興味が全くありませんので、職場の上司達とはスポーツに関する会話が成立しません。

理由は簡単。
私が野球に興味を示せないのと同じ理由で、上司は“野球のみを娯楽スポーツとして育った”ので、他の無数にあるプロスポーツを知る機会が無かったようなのです。

さすがに最近はサッカーやK1、プライドなどのファンが職場で増殖しはじめたので私も少数派から解放されました。
“反野球”の立場を貫く立場の私としては嬉しい限りですな。

アテネオリンピックの野球をニュースでみたけど惨憺たるものでしたね。
客席ガラガラじゃないですか!
世界的にあんなマイナーな競技でオリンピック種目になっているのは野球くらいかな。
日本人よ目を覚ましてください!(小川直也風に)

野球が日本における唯一最大の娯楽だった時代は終わりました。
球団のオーナー達の言動でもお分かりのように、スポーツに対する愛着なんて何も無い人達が自社企業の宣伝媒体として野球が都合がよかったから何となくチーム運営しているだけだったじゃない。

野球に夢中にされることによって、社会の本質から目を逸らされ続けてきたのが哀れなプロ野球ファン。
いい加減気づこうよ。
プロ野球という狭い庭から飛び出してさ・・・
世の中にはもっと楽しい本当の意味での娯楽がたくさんあるんだから。
ジジイ達の倫理に右往左往させられるよりはマシでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/11

お気に入りのカップ麺

明星食品ホームページ

8月に明星食品から発売された『もちっ!とワンタン麺』が美味しい。
麺だけでなくワンタンもノンフライなので食感が楽しめる。
スープもオーソドックスで美味い。
お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/08

うさんくさい人 小林よしのり

 小林よしのりはテレビに出ないでほしい。
 国士づらして国を憂いないでくれ。

 小林よしのりがどんな思想をもっていようが構わない。
 突然、ギャグ漫画をかくことを止めてしまったことも許そう。

 しかし、容認できないことがある。
 『嘘』をつくことである。
 彼は漫画という出版物を利用して、誤った情報をさも真実であるかのように流し続けている。
 その強引な手法は「FOXテレビ」も真っ青だ。
 「でまかせ」も強情に言い張りつづければ既成事実となる。
 これは前回のアメリカ大統領選挙でも立証済みだ。
 (数字のみが真実である選挙が誤報でひっくり返る国もどうかと思うが)

 事実をネタに自分の主張を更に強固にすることは何ら恥じることは無い。
 法廷などでは正に真実こそが正義となる。

 嘘をついてまで自分の価値観を広めたいのか?
 小林よしのりは誇大妄想狂か?

 彼の描くコミックは異常に偏向している。
 内容は過去の日本が行った侵略戦争の完全なる美化。
 狂っています!
 他人の意見に耳を傾けるなんて態度は皆無です。
 仮に小林よしのりら国士振る連中が主張するように侵略ではなかった。
 日本が西欧列強からアジアを解放したのだとしよう。
 西欧がアジアを植民地化していたのは事実なのだから。

 しかし、解放は結局“ふろく”だったわけでしょ?
 ただ単に、西欧が支配している地域を代わりに奪ってみたら後々「解放」となっただけであって、日本が戦争に負けなかったら日本支配が続き、現地の人々が惨めな生活を強いられたのは否めないはずでしょ?
 日本人が支配地域の人々に対して寛容とは思えないしね。

 中国や朝鮮問題についての彼の考えは異常だ。
 誰が好き好んで辛い・思い出したくも無い事実を捏造するのか?
 現在でも次々と出土する日本軍の非人道的な証拠の数々。
 思い出したくも無いけど、後世への戒めとして一方の当事者である中国や朝鮮の当然の行為ではないのか。

 一方的に巨大な暴力を振るわれた者の立場になってみたら?
 なりたくないだろ?
 臆病だから
 コミックの中で己を異常に美化し、
 己と立場が異なるものに対しては異常に醜悪な姿で表現する。
 ページの中から吼えているだけだもんね。
 実際に、暴力の吹きすさぶ現場になんか行きたくないもんね。
 私も行きたくないもん。

 だから暴力を振るっといて「わかりませんでした」、「あのことは忘れてください」はないだろ?
 自分らが悪いことして、された相手が謝れって言ってんだから、謝るのが筋ってもんだろ?
 それとも何か?史実を認めることは弱みを見せることなのか?
 あんたらが言う“自虐史観”は認めたくないのか

 謝ってことが丸く収まるなら、それほど安いものはないと思うんだけど。
 謝るって行為そのものが弱みをみせることで、更に相手に付け入る隙をさらすことになるってか?
 それが防衛上重要なことなんでしょうかね?
 戦争したがる人達は被害者意識が強い。
 「自分達は常に被害者だ、いつもやられっぱなしだ」
 「やられる前にやっちまえ」ってこと。
 かなりヤバイ精神状態です。
 被害妄想もいところだよ小林よしのりは。

 『侵略したとは思っていません』って言うのが小林よしのりの論法。
 それっていじめ問題と一緒じゃない。
 いじめている側は『いじめているつもりは無かった』って言う。
 加害している側に罪の意識が薄いのはいつの時代も同じ。

 じゃあ聞くが、原子爆弾についてはどうなんだ?
 日本は史上初の核兵器が使用され傷ついた国である。
 核の恐ろしさを風化させないために今でもヒロシマやナガサキの悲劇を語り継いでいる。
 必要のない原爆を投下したアメリカの犯罪を今も追及しようともしている。
 それを『もう昔のことなんだからわすれろよ』とアメリカから言われたらどうなんだ。

 小林よしのりはアメリカをどう思ってんのか理解しがたいけど、あなたの思想・思考回路は十分すぎるくらいアメリカナイズされてるよ。

 西欧列強が世界に進出しつつあった日本を封じ込め、圧力をかけたのは事実だ。
 何の間違いも無い。
 しかし、近代化が遅れ焦った日本が先進西欧諸国に追いつくために、自分らより近代化が遅れ弱い立場の国に害を与えたことも事実だ。
 西欧国家の所業のみを羅列し日本を美化する小林よしのりは嘘をついている。

 自分にとって無害な連中とのみ交流し、権威にはめっぽう弱い。
 嫌いな相手は虚実おりまぜ漫画のなかで徹底的に叩く。
 論戦を戦わす上で脅威となるような人物には決して近づかない。
 致命的な戦いを避け続ける卑怯な男。

 それが“自称オピニオンリーダー”小林よしのり。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004/09/07

おめでとうマイケル・ジャクソン!

ちょっと遅くなっちゃったけど・・・

46回目の誕生日おめでとう!
マイケル・ジャクソン!!

あなたはまさしく『キング・オブ・ポップ』です。

あなたの善意を多くの人々が受け入れられますように・・・

誹謗中傷はスーパースターの勲章。
タブロイド紙を賑わし続けるのはスターの証だよ。

どんなに傷つけられても反論しない。
肌が白くなったって?
鼻の形が変わったって?
エレファントマンの死体を買ったって?
信じたければ信じれば?
神秘の存在であり続けるのもスターの条件!

ホワイトアメリカなんかに負けるな!
あなたは弱者の希望だ!

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2004/09/05

ポルトガルGP終了 F1ボイコット活動

ポルトガルGPがつい先ほど終了した。
GPといってもF1のことじゃないよ。
牙をもがれたF1に観る価値無し!

私の中でのF1ボイコットは継続中だ。

それにしてもロッシは凄い。
正直なところ、私はHONDA信者だからYAMAHAライダーの彼が勝つことは嬉しくない。
彼なりの理由もあったんだろうけど、
HONDAからYAMAHAになんで移籍しちゃったの?

だけど才能は認めるしかないよね。
他を圧倒する絶対的な速さをコース上で発揮しているんだから。
速さで相手をねじ伏せるのがモータースポーツってもんだ。

レースを観る快感はなんといっても“スピード”だ!
バイクレースにはそれがある。
もうすぐ「もてぎ」でmotoGPですよ!

F1ファンの皆様!
はやく目を覚ましてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真実はそこにあったのか? X-FILESのすすめ

 『誰も信じるな』
 X-FILESの名セリフであり、私の座右の銘でもある。

 X-FILEが好きだ。
 最近のものじゃなくて初期のシーズンのエピソードが好きだ。
 真実にたどり着けそうで、
 手が届かない。
 モルダー捜査官のもどかしさがたまらなく好きだ。

 様々な事件とそれに関わる人間。
 政府による隠蔽や陰謀。
 身内の死、同僚の誘拐。
 宇宙人の死体。
 とにかく出てくる連中誰も信用できないドラマ。

 シーズンを重ねるごとに複雑な謎解きになって、いろんな要素が入りすぎてしまった感がする。
 登場人物増えすぎ。
 謎が大掛かりになりすぎ。
 初期の頃のように、シンプルな設定が好きだ。

@UFOによる誘拐事件(アブダクション)
 モルダーは妹がUFOに誘拐されたのではないかというトラウマを持っている。
 それが彼の原動力でもある。

@影の政府の存在
 UFOの存在や政府による人体実験など常にアメリカ政府の影がちらほら。
 真相の寸前でいつも邪魔が・・・
 それがたまらん。

@邪魔をする人と援助する人の存在
 シーズンがすすむにつれ登場人物の相関が入り乱れてしまい、見逃さなくても顔を覚えるのが困難になった。
 主要人物を整理すると以下のようになる。
・モルダーを陰ながら支えてくれる「ディープ・スロート」なる正体不明の人物。
・同じく正体不明で陰ながらモルダーの邪魔をする「スモーキング・マン」
・頼りになるのか足手まといなのかよくわからん相棒の「スカリー」
・政府を監視するオタク集団「ローン・ガンメン」

 私の勝手な解釈なんだけど、X-FILESってのは「モルダーとスモーキング・マン物語」なんだと思う。
 全部を通してみなくてもモルダーとスモーキングマンが絡むエピソードを押さえていけば、ストーリーの本線から外れることは無い。
 そうすれば数日間でX‐FILESはマスターできます。
 韓国ドラマで時間を無駄に費やすよりは有意義ですよ。

 『真実はそこにある』

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/09/04

ドーピング天国 アメリカ

 アメリカはドーピング天国だ!
 今さらの話題だけど・・・

 ドーピングはなぜ無くならないのか?
 他より少しでも秀でたいという願望なのか?
 頂点に立てるなら、それが薬物でも構わないという信念のなせる技なのか?

 とにかくドーピングを止める人はいなくならないし、ドーピングを取り締まる技術も進歩している。

 様々な危険性も指摘されているドーピング。
 実際にジョイナーの死因もドーピングとの関連が疑われている。
 (あくまでも噂の段階ですが)
 それでも選手はドーピングをやめない。

 「将来を捨てても今日の栄光を掴みたい選手は自由にさせてあげたら」と私は思うことがあります。

 倫理上、問題になるかもしれませんが禁止されているから選手が罰せられるのであって、ドーピングフリーの大会があればOKなのでは?
 そうすればマリオン・ジョーンズもOK。

 現にメジャーリーグではドーピングフリー状態だったでしょ?
 ボンズとかマグワイアとかステロイド常用で筋肉のサイボーグになった連中がホームラン打ちまくったし。
 あの人達、何もペナルティとかうけてないですよね?

 NFLとかもそう。
 フットボウラーの異常な筋肉の付き方!
 あそこまで筋肉必要なの?
 元NFLのプレイヤーの話では宿舎の食堂にステロイド剤の大瓶があって、食事と一緒に設定された必要量を摂取しないとコーチから怒られたそうだ。

 ステロイド中毒のシュワルツェネッガーが州知事の国だから仕方ないか?
 今でもナンドロロンやってるのかアーノルド?

 核についても言えることだけど、
 アメリカ人って薬物とか化学物質が人体や環境に将来どんな影響を与えるかってことに無頓着すぎる。
 放射能や有害化学物質でアメリカが滅ぶのは勝手だ。
 今さえ良けりゃいいんだもんね、アメリカ!
 だけどアメリカは危険な“無頓着さ”まで世界に輸出しようとしている。
 犠牲になるのはいつもアフリカや南米や東南アジアだろ?

『もうウンザリだよアメリカ!』

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004/09/02

うさんくさい人 細木数子

今、最も視聴率を稼げる女。
傍若無人な発言が何故か受け入れられる女。
それが「細木数子」だ。

私はあの人のことをよく知らない。
話している内容や説教くさい振る舞いからして、
占い師なのかな?
と思っているのですが・・・
本当の正体は何なんですか?

よくわかんないけど、出演者のほとんどは、
ポーズかどうか不明だけど、
罵詈雑言を浴びせられているのに平然としている。

事前の打ち合わせがあるのだろうけど、
他人が聞いても不快な気分になってしまう。
だけど出演者は感謝の態度をあらわす。

そんなに大そうなこと言ってないんだけど・・・
あれってなんなんだろう?

だんだん、だんだん細木のペースにはめられて、
最後に涙を流す者もいる。

なにかに似てるなーっと思ったら、
こっれて新興宗教じゃん。
自己啓発セミナーとかにも似ている。

電波を利用した新手のカルト宗教の勧誘?
布教活動か?

細木数子は占い師だと安心させられているみたいだけど、正体は宗教家なんじゃないの?
占い師の皮を被った教祖様か?

駅前や大学の近くで通行人を呼び止め、お祈りさせている人と大差ないんじゃないの?
みんな早く目を覚まさないかなー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浅間山噴火といえば・・・ 土がゆ

 浅間山が噴火した。
 不謹慎かもしれないが、テレビで見た画像は恐ろしいとうより美しいという思いが先行してしまった。
 被害に遭っている方には申し訳ないが、
 自然が作り出す脅威に勝る“美”はこの世に存在しない。
 暗闇の中に浮かび上がる噴煙と真っ赤な炎のなんと美しいことか!

 ところで浅間山が噴火がもたらした影響で歴史上最も有名な事件は「天明の大飢饉」だろう。
 詳しいことは知らないけれど、江戸時代後期に東北地方を中心に悲惨な飢餓状態を生み出した原因と言われている。
 ようするに吹き上げられた火山灰が大気中に留まり、日光を遮った為に作物の収穫に甚大な被害を与え飢饉の直接的原因なのだそうだ。

 そして私にとっての「浅間山噴火」・「天明の大飢饉」といえば・・・
 本宮ひろしの漫画『大飢饉』である!

 たしか昭和57年の1月か2月頃に2週読み切りで発表された作品だったと記憶している。
 内容は悲惨な飢餓状態を描いたまさに大飢饉な話で、飢餓という極限状況でも力強く生き抜く人間達の生きざまが描かれている。

 漫画の中で幾つかの生き残り術が紹介されている。
 飢餓食の紹介なのだが、そんな中で最強と思われるのが、

〝土がゆ〟だ!!!!!!

 読んで字のごとく土から作られたお粥のことらしい。
 なんでも土壌には養分が満ちており、それを何らかの方法で抽出・濃縮し煮詰めることで高栄養のお粥が完成するというわけだ。

 〝土がゆ〟・・・
 作ってみたい。
 だけど最近の土壌は安心できないしなー
 農薬とか日本軍の毒ガスとか・・・
 安心して〝土がゆ〟が作れる自然を取り戻さなければ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/01

悪魔的風景

夕焼けimage.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »