« あややの顔 | トップページ | 私が好きだったプロレス »

2004/10/10

毎日王冠の思い出

今日は東京競馬場でGⅡ毎日王冠があります。
秋の古馬重賞の中で重要なレースです。
コースや距離の設定などから秋の天皇賞につながる重要なレースと言われています。

今回の目玉はなんなんでしょうかね。
私個人としては、あんまりステイヤータイプの馬は好きじゃありません。
サクラユタカオーとか古くはトウショウボーイとか“中距離快速馬”が好きです。
だから、あえてこの秋に応援したい馬といえばブルーイレブンかな。
何となく私好みなんですね。
トゥナンテなんかも好きだったし。

私の持論ですが、マイル~10ハロンの距離で強い馬は本当に地力があると勝手に定義づけています。
スピード、スタミナ、瞬発力、血統的背景といった様々な要素が集約されていると思います。

何年か前、G1でも見ることができないような豪華メンバーで毎日王冠が実施された。
当時の競馬界をリードする3強が揃い踏みしたから。
グラスワンダー
サイレンススズカ
エルコンドルパサー
以上の3頭が同時出走したのでした。

結果はサイレンススズカが最速ぶりを発揮し見事勝利。
2着にエルコンドルパサー。
グラスワンダーは故障明けということで、さっぱり・・・

その後の3頭の歩みも印象深い。
サイレンススズカは天皇賞・秋に駒をすすめる。
レースでは常軌を逸したスピードを見せつけ他馬を置き去りにするが故障発生。
骨折のため安楽死処分。

エルコンドルパサーはジャパンカップに参戦。
3歳にして外国馬を含めた古馬を蹴散らし勝利。
その次の年は欧州に遠征。
凱旋門賞の2着をもって引退種牡馬となる。
引退後は社台スタリオンで繁用されるが数世代に種付けしただけで死亡。

一番興味深い競走馬生活を送ったのがグラスワンダー。
強いのか弱いのかわからないレース内容は賛否両論。
短距離から中長距離まで一定しないレース参加。
極端な負けっぷりは評論家泣かせ。
だが、しかし!
スペシャルウィークには負けていないのです。
宝塚記念での実にあっさりとした勝ちっぷりはまさに怪物。
スペシャルウィーク騎乗の武豊の呆然とした表情が忘れられない。

本番以上に面白い毎日王冠。
今年はどうかな?

|

« あややの顔 | トップページ | 私が好きだったプロレス »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎日王冠の思い出:

« あややの顔 | トップページ | 私が好きだったプロレス »