« 核戦争を待望する人々 | トップページ | ディレクターズカット版よりオリジナル版が好き »

2004/11/04

ブッシュは本当に勝ったのか?

 アメリカ大統領選挙は既にケリーが「敗北宣言」してしまった。

 戦う当人が負けを認めてしまったのだからどうしようも無いのだが、時間が経つにつれブッシュが正当な大統領なのか?という疑念が大きくなってきており、反ブッシュを貫く立場の人々は諦めるよりも真実を追究することにパワーを割かなければならないだろう。

 今回も共和党の強い地域ではかなりの数に上ると思われる不正が行われたようだ。
暗いニュースリンク』さんの記事にも示されているように、組織的に民主党寄りの地域の投票箱が行方不明になっている。

 アメリカは本当に先進国なのか?
 選挙制度そのものが日本人の感覚では理解のできないデタラメなものなのだが、選挙の混乱振りを客観的にみるかぎり、選挙制度をはじめて導入したどこかの軍事国家のニュース映像を観ているようだ。

 呆れてしまう。
 これが自由主義国家なのか?
 驚くべき中西部や南部の民衆の知的レベルの低さ!
 『こんな連中と理解し合えというほうが無理なのでは?』と本気で考える人が大勢いるというのも頷ける。
 まさしく“2つに分断されたアメリカ”

 暗雲が垂れ込める4年間が始まろうとしている。
 しかし、希望を失ってはいけない。

 たしかにアメリカ国内には中世さながらの聖書根本主義を信条とし、自分達だけの利益を守るために銃で武装することを当然と考え、世界の真実の姿をあえて知ろうとしない土着的な民衆が多いのは事実だ。
 公共教育にかけるアメリカ政府の無策ぶりは今後も継続されるので、アメリカ人の知的レベルは近い将来には異常なレベルに落ち込むだろう。

 しかし、今回の選挙でも明らかになったようにアメリカを変えていこうとするパワーは健在である。
 大資本や保守勢力が巧妙なマスメディア操作でひた隠しにしているが、変革を求める潜在的なウェイブを止めることはできない。

 他国のことではあるが、良くも悪くもアメリカの影響力は大きい。
 アメリカが「よりマシな国」になってくれるように、私たちに出来ることを考えていかなければ。

|

« 核戦争を待望する人々 | トップページ | ディレクターズカット版よりオリジナル版が好き »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/1865596

この記事へのトラックバック一覧です: ブッシュは本当に勝ったのか?:

« 核戦争を待望する人々 | トップページ | ディレクターズカット版よりオリジナル版が好き »