« 室井佑月が導く先にあるものは | トップページ | ちょっと不思議な話 »

2005/03/26

スポーツ中継にゲストは不要

サッカーワールドカップ予選のイラン対日本が行われた。
試合結果はまあ妥当なものだったのではないのかと思います。

マスコミを含めて日本人はイランのサッカーを甘く見過ぎてました。
過去の実績はアジアの中で群を抜いているし、チーム全体のレベルも日本の比ではない。
なのに、日本ではイランの戦力分析は的外れなものばかり。
いまだに、ダエイとか特定の選手頼みのチームみたいな評価はちょっと変。
サッカー協会も含めて日本人は客観的な分析力というか、情報戦を軽視しているみたいに思えます。

北朝鮮との試合の感想でも書きましたが、サッカーをはじめとして日本はアジアの中で自分達が思っているほど優越性は無いということを自覚しなくては。

ちょと話しが外れちゃいましたが、今回のお題は『スポーツ中継』のありかたについて。

スポーツ番組っていうのは、競技の内容を実況することで成立するはずですよね?
大勢の人達に観てもらうために多少は演出というか、ショーアップは必要。
テレビ局としてもスポンサーとしても視聴率が高いことは嬉しいに決まっている。

だけども最近のスポーツ中継は演出過剰なんじゃないだろうか。
CGをふんだんに使用した豪華絢爛な番組タイトルや番組ロゴ。
競技内容の確認が不自由なほどに画面を埋め尽くす各種データ表示。
競技の進行状況が把握できないほど喋り捲る解説者。

スポーツ番組を制作するスタッフはこのような風潮を普通だと思ってんのかな?
本当に視聴者が喜んでいると思ってんのかな?
番組制作費を無理矢理消化する為に、見た目にお金かけてんじゃないの?

私としては視覚的に瞬間の判断が難しい格闘技とかを除き、ほとんどの競技では解説者抜きで中継は成立すると思うんだけど。
これって変な発想かな?
副音声で会場の音声のみって選択肢を増やしてほしいです。

そして、無理矢理アスリートに感情移入させようとする演出もいい加減にしてほしい。
よくあるパターンは、暗い部屋で選手に苦労話や対戦相手との過去の因縁を語らせる。
その時、選手の顔はなぜか超アップ。
どのテレビ局もやっている手法なので想像つきますよね?
「感動しろー、感動しろー」って洗脳されている気分。
やたらにドラマ的要素を追求する姿勢はウンザリ。

競技内容が面白けりゃ強制されなくても感動しますよ。
テレビ局やスポーツ新聞が考えているほど、一般の人達はスポーツにドラマ性を求めていませんから。
演出しすぎで気恥ずかしくなる韓流ドラマをスポーツに持ち込まないでほしい。

スポーツというものは結果としてドラマになるのであり、練習風景とか選手の生い立ち等の結果に至るまでの道のりを感動ドラマに仕立て上げるのは、ちょっとアナクロすぎやしないか。
WWEのプロレス番組なら『なかなか手の込んだ演出だな』って感心して見過ごせるけれど、マジに視聴者へ感動を与えようとしている大学駅伝の中継なんか吐き気がするぜ。

そして本題。
何年か前からテレビのスポーツ中継には、競技と直接関係の無い芸能人が出演するようになってきている。
自称なのか認知されているのか知らないが、‘通’ぶった芸能人は目障りだ。
とにかく邪魔だ。
たとえばさんまだ。
奴はただ単にサッカー好きの芸能人というだけで、毎年ゲストコメンテーターとしてトヨタカップの解説席に陣取っている。
昔からサッカーが好きで、サッカーに対する造詣は深いのかもしれない。
だけど、コメンテーターがさんまである必然性はゼロのはずだ。
奴程度の知識はちょっとしたサッカーファンであれば常識のことばかり。
それをさも自慢気に下品な語りでひけらかす。
しかも、試合内容と関係の無い場面でだ。
馬鹿か。
世界一を決める試合の緊張感が台無しだよ。
もっと馬鹿なのは日本テレビだ。
不必要なさんまを何年にもわたってトヨタカップに起用し続けたのだから。
実況のアナウンサーもさんまに頼り切っていて、重要な局面なのに「さんまさんどうですか?」とかコメントをもらおうとするんだ。
実況するのがアナウンサーの仕事なんだから素人の芸人に頼るなよ!
露骨にヨーロッパ側に偏った実況やコメントも不快。
トヨタカップが中立国で実施されている意味がわかってないんじゃないの。

2002の時も酷かった。
各局こぞって「サッカー通」芸能人を動員しまくりだった。
別に歌手の誰某がどこのチームのサポーターだとか、どの選手のファンだとか関係ないんじゃないの?視聴率には。
ゲストコメンテーターが誰であれ、カードそのものが魅力的であれば番組の構成が地味でもサッカーファンは観ますから。
タレント達は当時“にわかサッカーファン”と嘲笑されていたが、今もサッカーを観つづけているんだろうか?
競技に興味が無くても、プロのタレントとして仕事を済ませただけなんだろうけど、魂胆が見え見えで哀れに思えてきます。

とにかく、僻みと受け取られても仕方が無いが、さんまのような多少知名度があるってだけで、生のサッカー会場に仕事として乗り込み、くだらない話を適当にして報酬を得るような人種は容認できないのだ

|

« 室井佑月が導く先にあるものは | トップページ | ちょっと不思議な話 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/3446257

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツ中継にゲストは不要:

« 室井佑月が導く先にあるものは | トップページ | ちょっと不思議な話 »