« ちょっと不思議な話 | トップページ | 8マンの歌 おぞましいCM »

2005/04/07

インスタントラーメンを美味しく食べる

 私はインスタント麺が好きだ。
 大好きだ。

 カップ麺も美味しいけれど、袋ラーメンはもっと美味しい。

 そのまま食べても十分すぎるほど美味しい袋入りインスタントラーメンだが、もっと美味しく食べる方法は無いだろうか?

 味そのものを一段上のレベルに引き上げたいのである。

 一般的に誤解している方が多いんだけど、豪勢な具材をのっけるだけでは味のレベルは上がらない。

 見た目は変わりますが。

 料理は目でも楽しむものと言われていますが、元の味に調和していない見た目だけの具は邪魔なだけです。

 グルメ情報番組等で紹介される物凄いゴージャスなラーメンがあります。
 いろんな具がトッピングされたやつ。

 本当に美味しいのでしょうか?
 私も何回か、いろんなものが盛られたラーメンを食べましたが、麺にたどり着くのが大変でした。
 時間がかかったせいで麺が伸び伸びで、お腹はいっぱいになるわ疲れるわで、全然楽しめませんでしたよ。

 私がインスタントラーメンに求める究極の味。
 それは具なしです。

 まあ、ネギや生卵ぐらいはOKですが、基本的には具や盛り付けといったデコレーションに頼るのはあえて邪道と評価することにします。

 王道はやっぱり同封のスープの素と乾麺だけで味を堪能すること。
 そこにほんの少しの何かをプラスすることで味をチューンナップしたいのですね。

 手軽に楽しめるラーメンチューンナップは台所にある調味料を足してみること。
 たとえば胡椒とか七味唐辛子、ラー油なんかのことです。

 私見なんですが、最近のインスタント麺ってスープの味がキツクないですか?
 味の調合が不必要なほど味が固定されきっているというか。
 簡単に言えばスパイス系の調合の比率が、昔からある製品より高めなんじゃないかな。

 私はどちらかというとスープの濃くとかマイルドさを楽しみたい人間なもので、ラーメンに胡椒は使用しません。
 少しでも混ざっちゃうと、胡椒の刺激で味がぼやけてしまうから苦手なんです。
 だけど、たまにお店の方が勝手に気を利かせて、予め胡椒を振って客に出すところがあります。
 あれは私にとっては有難迷惑です。

 ですので、私が最近インスタント麺のチューンナップに求めるテーマは、刺激が強すぎるラーメンスープをいかにまろやかに変化させるかなのですね。

俺流ラーメンの食べ方 その1

 私は札幌ラーメンが好きだ。
 味噌ラーメンが大好きだ。
 インスタント麺でも味噌味はお気に入りだ。
 しかし、不満なことがある。
 味は申し分ないくらい味噌味なのだが、いかんせん濃さが無い。
 札幌ラーメン店とインスタント麺をそのまま比較するのは無謀なんだけど、味噌ラーメンの醍醐味はなんといっても味噌の濃さとラードのギトギト感である。
 これは譲れない。
 なんとか市販のインスタント味噌ラーメンの濃くを増強することはできないか?
 普通の味噌を加えてみましたが、しょっぱいし、味噌臭くなるし失敗。
 今度はもやしやタマネギを多めのラードで炒めて加えてみました。
 脂っこさは増幅しましたが、ただでさえ薄い味噌スープがラードで完全に封殺されてしまいました。
 塩ラーメンを使ったタンメン風ならよかったでしょうけど、味噌ラーメンでは失敗と感じました。
 いろんなものを試してたどり着いた究極のインスタント味噌ラーメンの濃くアップ術は、ピーナッツバターです。

 パンに塗る普通のピーナッツバターのことです。
 様々なピーナッツバターが販売されていますが、私の勧めるのはピーナッツの含有率が高く、甘みを抑えるか、もしくは加えていないタイプの製品です。
 アヲハタなんかが出してるピュアなタイプのピーナッツバターが特にお勧め。

 これを適量スープに加えるとピーナッツのこうばしい風味が味噌スープと喧嘩することなく調和し、ピーナッツの脂分がスープ全体のレベルを数段高い次元に引き上げます。

 同じ効果をねらって市販の胡麻ペーストも試してみましたが、何故かスープとうまく混ざり合わなくて分離してしまい味もいまいち、見た目も気色悪い一品になってしまいました。

 次回はインスタント醤油ラーメンの美味しい食べ方について考えてみたい。

|

« ちょっと不思議な話 | トップページ | 8マンの歌 おぞましいCM »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インスタントラーメンを美味しく食べる:

« ちょっと不思議な話 | トップページ | 8マンの歌 おぞましいCM »