« AKIRA 金田のバイク | トップページ | NS400R(桜花) 復活 »

2005/07/09

RETURN OF THE JEDI

 『ジェダイの帰還』に対する期待が頂点に達した中でついに日本においても公開が始まったのは私が中学生の頃。
 sw_ep6_1

 前作『帝国の逆襲』でこれでもか!とばかりに次回作への伏線を張らんでいましたから。
 それで、ついに公開となったのだが、

 「さんざん待たしておいて、しかもシリーズの最終エピソードなのにこれ?」

 ファンを愚弄しているのかと思いました。
 まず許せなかったのは“イウォーク族”の存在。変な熊の縫いぐるみみたいな集団が唐突に登場するのです。ルーク達の共和国側に協力することになるのですが、戦闘シーンが稚拙で観ていられなかった。原始的な手法で帝国軍の最新鋭兵器をやっつけるのです。「こんなのあり?」って私は動揺を覚えました。

 jedi_01

 更に私を驚嘆させたのは上記の画像。
 ジャバ・ザ・ハットに捕らえられたレイア姫なんですが、何故こんなにも露出過剰な衣装なんでしょう?失礼ながら年齢的にもキツイものがありましたし・・・・ 一応ルーカスによるファンのためのサービスショットだったんでしょうかね?
 ルークもヒーローと呼ぶには年をとりすぎの感は否めませんでした。
 
 長期間にわたるシリーズ物の悲劇を垣間見た瞬間でしたね。
 どんなヒーロー、ヒロインも肉体の衰えは隠せない。
 時間の流れにはジェダイも勝てない。

 だからこそルーカスは今回の1stシリーズは己のforceを凝縮し一気に作り上げたのでしょう。
 世界中のSWファンを悲しませないために・・・・

 映像技術に限定して観れば『ジェダイの帰還』は当時の最高技術の結集でした。
jedi_05

 デススター周辺での戦闘シーンで飛び交う無数の小型戦闘機には感動したし、ライトセーバーの対決も良かった。やっと、ルーカスの求める映像クオリティに技術が追いついたのだった。
 だからこそファンとしては残念でならなかった。
 これだけの映像表現の可能性を秘めた作品だったのに、出来上がってみれば何となく小粒な印象しか残らない『ジェダイの帰還』
 ストーリーの奥深さを犠牲にしてまでイウォーク族や半裸のレイア姫を出す必要があったのか?

 その課題にルーカスが答えてくれるまでに、我々は更に十数年の歳月を待つことになる。
 しかも、様々な苦渋を経験しながら。
 
 May the force be with you ... always
 

|

« AKIRA 金田のバイク | トップページ | NS400R(桜花) 復活 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/4889084

この記事へのトラックバック一覧です: RETURN OF THE JEDI:

» 眞鍋かをりのここだけの話”彼氏自慢コンテスト” [トラックバック斬り]
まず第1回目は、ブログの女王と呼ばれている彼女しかいないでしょう。 そうそう、眞... [続きを読む]

受信: 2005/07/13 22:51

« AKIRA 金田のバイク | トップページ | NS400R(桜花) 復活 »