« 北の果て | トップページ | NS400R 桜花の帰還 »

2005/09/02

北海道ラーメン研究 2005夏

 8月の末に北海道旅行に行ってきました。
 北海道滞在中は当然のごとく“喰って・飲む”生活を送ってきました!

 北海道のラーメンといえば一昔前は『札幌ラーメン』が代名詞で、ラーメンのメッカといえば『すすきのラーメン横丁』というのがセオリーだったのですが・・・ 

 最近は戦国時代の様相を示していますね。
 そんな今の北海道ラーメン事情を勝手に分析してみました。

「ひぐま」(ラーメン横丁内)
 今回、北海道内で最初に入ったお店。数年前にもお邪魔したことがあります。現在は“2代目ひぐま”だそうで、若い店主へと世代交代していました。メニューも一部リニューアル。

higuma_ramen
(ひぐまラーメン)

 私が食べたのは『ひぐまラーメン』 このお店の新看板メニューのようです。スープは醤油ですが、いわゆる“ラーメンのスープ”ではなく、中華飯店のスープに近い洗練された風味があります。具のチャーシューにも大いなる工夫が施されています。一般的な煮豚ではなく、本当の炙って作るチャーシューなのです。これはちょっとした驚き。 
 澄んだスープに香ばしいチャーシューが絡み合う様は、札幌ラーメンというものの固定概念を覆すパワーを感じました。新世紀の息吹ってやつですかね。ちなみにここの店主は横丁会の会長さんだそうです。

「来来軒」(ラーメン横丁内)
 次に入ったのがここ。ラーメン横丁内をハシゴです。このお店の特徴は伝統的な札幌ラーメンであること。奇を衒うことを善しとしないらしく、オーソドックスな札幌ラーメンです。私は観光客らしく『味噌ラーメン』を注文しましたが、ここのお勧めは『醤油ラーメン』だそうです。たしかに昔は醤油と塩味しかなく味噌味は新参者なのですから。それがいつのまにか札幌の主役になっています。

yokocho_misoramen
(味噌ラーメン)

 『味噌ラーメン』はかなり濃い味噌味で脂も強め。ほとんどの方は平気な範囲ですが、受け付けない体質の方もいるかも。七味とかに頼らずに、この店本来の味を堪能することをお勧めしますね。

「羅魅陀」(苫小牧)
 苫小牧の郊外に位置するお店です。残念ながら画像が無いのですが、このお店の凄いところは建物!外観からしてレストラン風でラーメン屋っぽくないのに中に入るともっと凄い。
 一言で言うとガウディ!
 タイル張りの壁面。行列客用のベンチもタイル張り。建物の構造事態がかたつむりみたいな店。巻き糞のように捻れているのです。異生物の体内に入った感覚が楽しめます。有機物と無機物の融合というか訳がわかりませんが、苫小牧には不釣合いなお店かもしれない。
 バルセロナにあったほうが自然かも。
 味の方はいたってノーマル。今回の私が注文したのは『五目あんかけ焼きそば』北海道らしくない?のでこれも画像はありません。
 ちなみに一緒に入った大学時代のT先輩は塩ラーメンの中に、テーブルの上の酢やコショウ、ラー油、すりおろしニンニク等を大量にぶち込んで食べていた。酢の量が尋常ではなく異常な酸味を帯びた臭気を漂わせていた。隣の客はさぞかし迷惑だっただろう。

「ばり屋」(新千歳空港内北海道ラーメン道場)
 濃くのあるとんこつ正油ラーメンが楽しめるお店です。札幌ラーメン系なのですが、珍しいことに背脂ラーメンを味わうことができる貴重な存在。一昔前の北海道では“背脂ちゃっちゃ系”のラーメンなんて見かけませんでしたので。今でも主流ではないですよね?

ramen_bariya_chitose
(背脂正油ラーメン)

 『背脂正油ラーメン』は札幌ラーメンらしい太目の麺。濃い目の正油スープに背脂が更なる深みを与えています。
 これは旨い。スープが麺に負けていません。
 できれば観光客の方には旅行の初っ端に食べて欲しいですね。食べすぎ飲みすぎで疲れた胃では持て余すパワーの持ち主です。
 個人的には「大変美味しゅうございました」という感じ。
 ちなみに私の地元では背脂ちゃっちゃ系が主流に成りつつあります。

「あじさい」(新千歳空港内北海道ラーメン道場)
 最近話題の“函館塩ラーメン”で評判のお店。かなり有名らしいです。しかし私は正直なところ「あっさりラーメン」にはあまり興味が無いので“一応味わっておくか”という軽い気持ちで入ったのです。

ramen_ajisai_chitose
(味彩塩ラーメン)

 店員がお勧めする『味彩塩ラーメン』を注文。
 運ばれてきたのは・・・・
 スープは透き通っています。料亭や割烹で出す潮汁のように。
 昆布特有の風味が強いですね。麺は細めのストレート麺。全体的にあっさり仕上げですが、かなり個性的です。別な表現をするなら強いクセがあります。和風テイストを前面に押し出しているので、なんか足りないのです。
 中華特有のエネルギッシュな感じが無いというか。洗練され過ぎていて牙を失ってしまったみたいですね。

総括
 ラーメンは北海道、特に札幌を代表する食べ物であり、重要な観光資源です。しかし年々ラーメン横丁を訪れる客は減少しているとのこと。
 ちょっと心配。
 しかし北海道人や観光客のラーメン離れが進んでいるかというとそうでもない。新千歳空港や札幌駅ビルのラーメン街は人々で溢れかえり活気に満ち溢れている。

 つまりラーメンを求める人々は多いのだが、ラーメン横丁に足を運ぶ人が単純に減っているだけなのだ。原因はいろいろなことがあげられます。立地条件とか価格設定とか様々。だけど最大の要因はラーメン横丁そのものに魅力が乏しくなったことですかね。

ramen_yokocho

 わざわざ横丁に行かなくても空港や駅ビルで有名店の味が楽しめるし、市街地から離れた郊外型のラーメン店も増えています。
 横丁に足を向けさせるだけの“武器”を見つけなければならないですね。“横丁”というブランドだけでは客はもう集まりません。
 わたしは“すすきのラーメン横丁”のレトロでこじんまりした雰囲気が好きです。札幌に行く機会があればなるべく横丁に食べに行きます。
 札幌市の指定文化遺産に指定し保護できませんか。
 横丁になくなってほしくはないのです。

|

« 北の果て | トップページ | NS400R 桜花の帰還 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/5757367

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道ラーメン研究 2005夏:

» 新千歳空港のラーメン屋 [Pの気ままな日記(TBFree,LinkFree)]
 今日は新千歳空港で昼食。大阪への出発一時間前に空港に到着して暇があったためです。満席のMD-81だから荷物のcheck-inは必須。さっさとcheckinしたら座席は真ん中より前だった。一番後ろかと思っていたんだけど。 でラーメンを食べたのは北海道ラーメン道場のなかの「...... [続きを読む]

受信: 2005/10/18 11:37

« 北の果て | トップページ | NS400R 桜花の帰還 »