« POWERED-SUIT その3 | トップページ | FIFAクラブワールドチャンピオンシップ2005 »

2005/10/23

三冠馬 ミスターシービー

 ちなみにミスターシービーは、競馬ファンで有名な故寺山修司さんが大変ごひいきにしていた馬でした。

 今日2005年10月23日は、京都競馬場にて三冠クラシック最後の1冠「菊花賞」が開催されます。
 今年の菊花賞は無敗の二冠馬、ディープインパクトの三冠達成なるか?のみに話題が集中しているようです。

 強いんですよ。ディープインパクトは。
 呆れてしまうぐらいに強い。
 朝青龍と同じぐらい強いかもしれない。

 しかしファン心理というものは複雑に出来ていて、

 私は完璧な強さを発揮し続けるディープインパクトには親近感を感じないのです。

 ドラマを感じないのですよディープインパクトには。
 緻密で隙が無く、圧倒的な差を見せつけて勝ちあがる。
 私にとってはある意味面白みに欠ける勝ち方に思えるのです。

 ハラハラドキドキさせて、ドラマチックな勝ち方ってのは、「真の実力が無いから」と世間一般では低い評価をされてしまいます。
 しかし競馬はプロスポーツであるからして、興行としての側面を強く持っています。
 興行である以上、ファンを喜ばせることも大事なのでは?と私は思うのです。

 強い馬がひたすら勝ち続けるストーリーって面白いのかな?

 飛びぬけた実力がありながらも、もろさを併せ持ち、安心して見ていられない。
 窮地に立たされても奇跡を起こして最後は逆転で勝ちあがる!

 ミスターシービーはドラマの塊のような馬でした。

mister_cb_1
(皐月賞での雄姿)

 父は“天馬” トウショウボーイ。
 母は名牝 シービークイン。
 両親は同期でデビューし、デビューレースも一緒だったのです。
 シービークインのオーナーはトウショウボーイの速さに魅了され、絶対にシービークインとトウショウボーイを交配させると誓ったという話が残っています。

mister_cb_12
(馬房でのミスターシービー)

 ミスターシービーはシービークインの初仔であり最後の仔です。
 なぜかトウショウボーイ以後は他の種牡馬と交配させても、シービークインは絶対に受胎しなかったとのことです。
 トウショウボーイとシービークインの結晶がミスターシービー。

 ミスターシービーのレース運びは両親と全くの正反対。
 トウショウボーイは圧倒的なスピードで先行し、他の馬を置き去りにするレース展開を得意としました。
 ミスターシービーは後方待機し、レース後半にまくって、一気の追い込みで先着する豪快なレース振り。

mister_cb_2
(人馬ともに泥だらけ)
 父の勝った皐月賞を親仔二代制覇。

mister_cb_7
(ダービーでの雄姿。まさに黒い弾丸)
 日本ダービーでは当時の勝つための常識だった「ダービーポジション」につかず、いつもの最後方からの追い込みで勝利。

mister_cb_6
(大地が弾んでミスターシービー!!!!)
 菊花賞ではこれも当時の常識だった「京都の坂でスパートしては勝てない」を無視し、坂の上から最終コーナーに向け加速。ロングスパートを試み、見事に逃げ切り勝ち。

mister_cb_8
(三冠の余韻にひたるミスターシービー)

 「強い馬なんだけど信用し難い。ヤキモキさせるけど勝ってくれちゃう」
 そんなミスターシービーにファンは狂喜しました。

 シンザン以来の三冠馬誕生にマスコミも浮き足立ちました。
 最強場の出現! と、なるはずだったのですが・・・・
 しかし栄華は永く続かないのが世の常。

 ミスターシービーの評価を不当に低くしてしまった原因は、シンボリルドルフにつきます。
 2年連続で現れた後輩三冠馬ですが、こちらは“無敗”という付加価値がついていました。
 好位置につけ余裕を持って早めに差しきり、先行して勝つという、昨今主流の勝ち方です。
 私としては、なんとも面白みの無い馬だと思うのですが。
 あまりの可愛げのない勝ちっぷりに、評価はともかく一般的な競馬ファンの人気はミスターシービーに傾いていたように思います。

mister_cb_9
(秋の天皇賞も追い込みで勝ち取る!)

 それを証明したのは、ミスターシービーが秋の天皇賞制覇後に出走した、ジャパンカップのオッズでした。
 このレースには菊花賞で三冠を達成したばかりのシンボリルドルフも出走していましたた。

 玄人筋の見方は堅実な勝ちっぷりから、シービーよりルドルフ有利との見方が大勢を占めていました。
 事実シービー信者の私も、「くやしいけどシービーはルドルフに勝てないのでは・・・」と考えてしまっていたのです。
 しかし一般大衆の反応は違いました。
 無愛想に勝ち続ける競馬マシーンのシンボリルドルフよりも、破天荒なレース展開で会場を酔わせる、“役者”のミスターシービーを1番人気に押したのでした。

 確実にミスターシービーはファンに愛されてました。
 ジャパンカップの結果はここではあえて触れないことにします。

 古馬になってからのミスターシービーは体調を崩しがちで、満足な状態で出走できたことがほとんど無かったらしいです。
 それでもミスターシービーは、先輩三冠馬の意地でルドルフとの戦いに臨み続けたのです。

mister_cb_5
(雌雄を決すべく天皇賞春に出撃!)

 負け続けても出走するミスターシービーと、支えるスタッフ達の決意は悲壮なものだったはずです。

 ベストの状態でシンボリルドルフと勝負したかったと、無念の思いだったでしょう。

 ルドルフに勝てなかったというだけで、ミスターシービーは強い馬として語られることが、ほとんど無いです。
 なんという不幸でしょう。

mister_cb_10
(引退式。お疲れ様でした)

mister_cb_11
(ゼッケンは天皇賞秋を制した13番)

 しかし私は忘れません。
 ミスターシービーという規格外の馬が日本中を熱狂させたあの時代を。

|

« POWERED-SUIT その3 | トップページ | FIFAクラブワールドチャンピオンシップ2005 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「競馬」カテゴリの記事

コメント

現在、「芸能界激震!!噂の紀香 露天風呂盗 撮」なるDVDが業界を揺るがしている。
日本の芸能界で「紀香」といえば、あの藤原紀香(37)しかいない。

http://norikarikon.blogspot.com/


 2人目に登場してきた女性を見た瞬間は仰天。確かにそう言われれば信じてしまうほど、藤原紀香に似ているのである。髪の毛は後ろにまとめられており、この種の映像にしては鮮明なほう。スラリとした鼻筋や、キレイに尖ったアゴのラインなども、テレビで見る紀香の特徴と一致している。

http://norikarikon.blogspot.com/


こうした盗 撮映像が普通に出回っている事実にも驚愕ですね。

投稿: 藤原紀香 離婚の理由! 超お宝!!温泉盗 撮♪【動画】 | 2009/03/25 19:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/6528510

この記事へのトラックバック一覧です: 三冠馬 ミスターシービー:

« POWERED-SUIT その3 | トップページ | FIFAクラブワールドチャンピオンシップ2005 »