« 鴻之舞の残光 | トップページ | POWERED-SUIT その2 »

2005/10/17

POWERED-SUIT その1

 前日の日記を書いていて気になったのだけど、今の若い世代はパワードスーツというものを知っているのだろうか?
 画像のようなものなのですが・・・

powered_suit_17
(海外のサイトで紹介されていました)

 パッと見モビルスーツみたいですよね。
 パワードスーツは日本語訳で“強化防護服”というらしい。
 つまりガンダムやマジンガーZのように、

「人が乗って操縦」するロボットではなく、あくまで“服”として人間が身にまとって使用する「道具」ということなのです。
 ジオン公国のザクのような超兵器というより、人間が持つ元々の能力を大幅に増幅してくれる機械と考えた方がわかりやすいと思います。

 パワードスーツはR.A.ハインラインの名作SF『宇宙の戦士』に登場して以来SF世界ではポピュラーな存在になったとされています。
 超兵器ではないと記しましたが、小説のなかではパワードスーツ一機で戦車部隊を蹴散らすとされていますから十分に超兵器かも^^;
 核武装もしているそうです!

 小説の中身を簡単に紹介します。
 未来の地球連邦では兵役を務めた者のみに市民権が与えられており、力をもって平和を維持することが正義とされる社会として描かれています。

 主人公のジョニーは家族の反対を押し切って連邦軍に入隊します。ここまでの件がかなり長い!愛国心とは何か?とか兵役で国家に尽くすことの尊さとかが延々と語られているのです。ハインラインの右翼プロパガンダか?とにかくパワードスーツに憧れて『宇宙の戦士』を読み始めた中学生の多くがこの部分で挫折したと伝えられています!

 入隊後のジョニーを待っていたのは「虎の穴」も真っ青の地獄の特訓の数々。
 吹き荒れる体罰の嵐!素っ裸で真冬の山中に放り出され帰還しろという無謀なサバイバル訓練!この辺の描写はSF小説の域を超えています。キューブリックの『フルメタル・ジャケット』の海兵隊の訓練シーンみたいなもんです。

 なんとか無事に真の男に鍛え上げられて卒業したジョニーはめでたく機動歩兵に配属されます。
 機動歩兵とはパワードスーツを装着し敵の支配する惑星の真っ只中に降下して最前線で戦う部隊のことです。つまり現在で言うところの海兵隊みたいな存在か?宇宙戦艦から敵惑星へのカプセル降下シーンなんてスピルバーグの『プライベートライアン』の冒頭30分そのもの。ノルマンディー上陸作戦のオマハ・ビーチでドイツ軍のトーチカへ真正面から突撃するアメリカ兵の姿と機動歩兵はダブります。カッコイイのか馬鹿なのかわからない! そして戦う相手も凄いのですね。異星の生物と戦うのですが、「異星人」ではありません。

powered_suit_25
(海洋堂から発売されたパワードスーツ)

 ヒューマノイドではなく、“虫”なんです。つまり昆虫。知性をもった高等な昆虫達と地球連邦は交戦状態にあるのです。なんで昆虫の惑星と戦う羽目になったのかは忘れましたが、和平交渉とかは絶対に無理そうです!哺乳類型の異星人ならなんとかなりそうですが、昆虫とのコミュニケーションは完全に不可能そうに思えますから。勿論、機動歩兵側もNUKE-GUNという核弾頭搭載のロケットランチャー等の大量破壊兵器で昆虫を殺しまくりです!
 降下シーンから後半の部分は比較的読みやすいはずなので未読の人はチャレンジしてみてください。

 機動戦士ガンダムの元ネタになっただけあって、物語内の確立された世界観や登場する兵器の細かな描写は映像化に値する価値があります。
 実際にハリウッドで『STARSHIP TROOPERS』という原題まんまで映画化されました。個人的には大好きな作品のひとつです。しかし残念なのは機動歩兵がパワードスーツを着ていないことです。そのせいで絶叫して昆虫に突撃するジョニー達はどうみてもイラク駐留のアメリカ兵にしか見えません!

powered_suit_11
(海外のサイトで発見したパワードスーツ?)

 それにしてもハヤカワ文庫版の『宇宙の戦士』の挿絵を担当したスタジオぬえの功績には頭が下がります。それ以前の海外で出版されたバージョンに登場するパワードスーツはNASAの宇宙服と甲冑が合体したようなデザインばかりでしたから。ハインライン御大はどんなデザインを想像して物語を作ったのかは定かではありませんが、スタジオぬえ版パワードスーツがあってこその『宇宙の戦士』なのです!

powered_suit_34
(やっぱ、これだよこれ!)

 数多くのフォロワーを産んだ『宇宙の戦士』ですが世界は広い。
 ガンプラを作るだけでは飽き足らず本当にパワードスーツを作ろうとしている男がアラスカにいるらしい。
 お前は兜十蔵か!
 だけど微妙にパワードスーツというより『ロボジョックス』みたいなんですけど・・・

powered_suit_16
(これがアラスカ産モビルスーツだ!)

|

« 鴻之舞の残光 | トップページ | POWERED-SUIT その2 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

Don't you know that it is high time to get the loans, which will make you dreams real.

投稿: Guerrero32Maggie | 2012/05/24 15:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/6448440

この記事へのトラックバック一覧です: POWERED-SUIT その1 :

« 鴻之舞の残光 | トップページ | POWERED-SUIT その2 »