« ソロシップの逃亡は続く | トップページ | DRAGON QUESTゲーム音源 »

2006/02/19

イタリアン

 私の地元(原幹恵さんと一緒)には『イタリアン』という郷土料理が存在します。どんな料理かは下の画像を御覧になってください。

    Italian_01

 普通の「ソースやきそば」見えますが、

 いわゆる「やきそば」とは似て異なる料理です。

 少し太めの麺と具のもやしを、油で炒めてソースで味付け。

 お皿に盛り付けてミートソースをかけたら出来上がり!

 ミートソースにコーンが入っているのがポイントです。

 生姜が添えられていますが、紅生姜ではなく白い生姜であることも重要。

 ちょっと脂っこくって、ソースの刺激臭とトマトベースのミートソースが混ざり合って、なんともいえないエキゾチックな料理と化しています。

 ちなみに、このミートソースは、あくまでイタリアン用に開発されたソースとのことで、パスタにかけても、全然美味しくないとのことです。

 中華麺ともパスタとも異なる、うどんのような太い麺がこの『イタリアン』なる料理の無国籍感を増強しています。

 やきそばじゃないし、勿論スパゲッティなんかじゃない。

 『イタリアン』というネーミングも謎だらけ。

 私の周囲では普通に存在していた『イタリアン』だったので、全く疑問にも思っていませんでしたが、その調理法といいネーミングといい、日本中の大多数の方から見れば〝なんでイタリアンなの?〟との疑問が湧き上がっても当然。

 『イタリアン』にはホワイトソースをかけた『ホワイトイタリアン』やカレーをかけた『カレーイタリアン』などのバリエーションも存在します。

 なんとなく美味しいので、全国どこにいても、発作的に食べたくなりますね。『イタリアン』が全国に普及する可能性はあるのだろうか?

 はっきり言ってB級グルメの部類なのかもしれませんが、異様な存在感を発揮し続ける『イタリアン』が日本全国に普及することを切に願う今日この頃です。

|

« ソロシップの逃亡は続く | トップページ | DRAGON QUESTゲーム音源 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/8738889

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアン:

« ソロシップの逃亡は続く | トップページ | DRAGON QUESTゲーム音源 »