« 超革命的中学生集団 | トップページ | 好き好きダーリン »

2006/03/25

カテナチオ World Cup 1982

 FIFA World Cup1982年スペイン大会の優勝国は勿論イタリア。

Spain_82_11 Italy

 この大会の得点王にもなったパオロ・ロッシを擁する最強チームなのである。

 しかし、世間一般ではイタリアではなく、

ブラジルこそが優勝国に相応しいと言い張るサッカー通が多い。これはとても嘆かわしいことである。

 なぜ、このように捻じ曲がった概念に囚われてしまったのだろうか?

Spain_82_10 Brazil

 この1982年大会は、いまでも最高レベルの大会だったと評する声が多いのです。1982年が最高だったという根拠として、参加したスター選手の質の高さが考えられます。

 前回優勝国のアルゼンチンには神の子マラドーナがいました。

 フランスは将軍プラティニ、ジレース、ティガナの3人を中盤に配しており、この3人は“三銃士”と称えられました。

 西ドイツにもカールハインツ・ルンメニゲやリトバルスキー、伝説のGKシューマッハーがいました。

 そしてブラジル・・・・・  ファルカン、ジーコ、トニーニョ・セレーゾ、ソクラテスの黄金の中盤を築き、超攻撃的サッカーで歴代ブラジル代表のどれよりも強いと評されています。この当時のブラジル代表を越えるセレソンは現れないだろうとさえ言われています。

Spain_82_02Socrates

 ちなみに私はソクラテスの大ファンでした。理由は忘れましたがジーコはなんとなく周囲に媚びているような感じがあって嫌いだった。ソクラテスはひげ面で自然体で名前が素敵だった。ファルカンは当時の中継での呼ばれ方は『ファルコ』だったように私は記憶していますが・・・・・ だれか覚えている方いませんでしょうか?

Spain_82_08 ZICO

 ジーコの有名なボレーシュート! それにしてもブラジルのフォワードの選手の名前が全く思い出せない! この時のブラジルのFWは2トップだったような・・・

 ブラジルはとにかく攻めまくって、異常なほど美しく構成されたサッカーをしていた。南米のサッカーは自由奔放と言われるが、テレ・サンターナ監督は高度にシステマティックな攻撃サッカーをブラジルで実現させていた。

 では優勝したのはブラジルだったのか?勿論違う。優勝したのは超守備的なサッカーに徹したイタリアだったのはご存知のとおり。

Spain_82_01 鍵をかける

 イタリアの戦術思想はいたってシンプル。「敵にゴールを許さなければ負けることは無い」

 この考え方をつまらないと思う人は多い。実際、私の周囲にも点の取り合いが派手なスペインリーグを好む輩が多い。しかし、得点を重ねても失点がそれを上回れば結果は負けなのである。

Spain_82_07MARADONA

 サッカー哲学の違いなのかもしれないが、かのヨハン・クライフが常々語っている。〝私は試合の結果よりも観衆の記憶に残るプレーに徹したい〟この言葉を体現したのが1982年のブラジルだったのではないだろうか。

 しかし、サッカーは競技である。ワールドカップはサッカーの世界最強国を決める大会なのである。どんなに観衆を魅了しようが、結果が全てなのである。これは動かしようが無い摂理だ。

Spain_82_03ROSSI

 カウンター攻撃は非常に効率が良い。相手の攻撃を虱潰しにし、相手の防御体制に隙が生まれる瞬間をひたすら待ち、その瞬間を見逃さず電撃的な速攻でゴールを決める。

 カウンター攻撃を消極的でつまらないという連中が多い。だが結果が全てである。1982年の大会を思い出してみるといい。2次リーグでイタリアは優勝候補のブラジル、アルゼンチンと同組になり、敗退確実と報道されていた。 

 しかしイタリアは天才マラドーナに全くプレーさせずアルゼンチンを撃破! 

 そしてブラジル戦。ブラジルはイタリア相手にドローでも決勝トーナメント進出が決まっていたが、信条の『美しく攻撃的なサッカー』で勝利をもぎ取りにきた。

 イタリアのシンプルな戦術は変わらなかった。守備を徹底し、敵の長所を潰すことに専念したのである。そしてブラジルの傲慢な精神をも逆手に取った。ブラジルは対戦相手を見下す傾向があるので、必ず試合中に気の緩む瞬間がある。イタリアがそれを見逃すはずがない。

 スコアは Italy3-2Brazil

 イタリアの得点は全てロッシのもの。ついにロッシ大爆発。ハットトリックである。

 決勝トーナメントでもイタリアはポーランドを速攻で破る。

 そして決勝戦である。相手は西ドイツ。

 下馬評は華麗なるフランスを延長PKの激闘の末下しての決勝進出を果たした西ドイツ有利。

Spain_82_05 決勝戦のTardelli

 試合の結果は・・・・ 上の画像のとおりです。イタリアの歓喜のゴール!

 攻撃力に勝るといわれた西ドイツの攻撃をしのぎ、最小限のアクションでゴールに結び付けての勝利。不屈といわれたゲルマン魂も、イタリアサッカーの合理主義の前に崩れ去った瞬間だった。

 結果的にイタリアは、直接的にも間接的にも優勝候補といわれた国の全てから勝利をもぎ取ったことになる。これは凄いことだ。

 美しいパスワークも、華麗なドリブルも、豪快なシュートも、得点にならなければ無意味だということが証明されたわけである。

 チームを構成する最も重要なポイントは「タレント」ではなく「タクティクス」だったのだ。この真理は今でも変わっていない。

Spain_82_06 ゾフ

 ゴールを決める前に、敵にゴールされないことを考える。

 勝つことを無理に求めるな、負けないことが勝利につながる。

 『優れた守備は優れた攻撃に勝る』

 とても重い言葉だとは思わないか?

Spain_82_09 開会式

 1982年大会の開会式は良かったですね。平和へのメッセージ性が強いはずなんだけど、押し付けがましくなくて。私の記憶に一番残っている映像が上の画像。

 この子供は今何をしているんでしょうね。

|

« 超革命的中学生集団 | トップページ | 好き好きダーリン »

「サッカー」カテゴリの記事

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/9256316

この記事へのトラックバック一覧です: カテナチオ World Cup 1982:

« 超革命的中学生集団 | トップページ | 好き好きダーリン »