« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/29

ベルクカッツェ

 『科学忍者隊ガッチャマン』は私が幼児期に最も夢中になったアニメ。

 『BATTLE OF THE PLANET』という題名で海外でも放送され、高い評価を得ました。

 私の好きなキャラクターは「コンドルのジョー」(本名:ジョージ・アサクラ)。両親がギャラクターに殺され、自身も殺されかけたという生い立ち、忍者隊の中での一匹狼的なポジション、やたらとバードミサイルを撃ちたがる性格、とにかく斜に構えた感じがクールでよかったですね。

   Gharacter_1

 そして最も印象的なのがベルクカッツェの存在。

 ちなみに「ベルク」というのはドイツ語で「山」、「カッツェ」は「猫」のことで、

続きを読む "ベルクカッツェ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/25

機械伯爵

 人間が人間でなくなったら、人間の心はどうなっちゃうんだろう?

 『銀河鉄道999』には不死身の肉体を手に入れたことによって、同族に対する共感というものを全く失ってしまった“機械人間”が多く登場する。

  Galaxy_express_999

 上の画像の「機械伯爵」はその典型だ。なぜなら、

続きを読む "機械伯爵"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/23

橘花と桜花と月光

秘密基地前にて撮影。

  Ns400r_06423

橘花(S14)と桜花(NC19)の揃い踏み。

続きを読む "橘花と桜花と月光"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜 桜 桜

桜花(NC19)のベストアングルは斜め後方からのショットだと私は確信している。

   Ns400r_06_sakura_3

桜も凄いことになっているじゃないか?

| | トラックバック (0)

桜花(NC19)の季節

ほんとうに寒い!氷河期が来ちまったのかってくらい寒い!

    Ns400r_06_sakura_1

そのおかげ?なのか、今年の桜の開花は遅れ気味で、

続きを読む "桜花(NC19)の季節"

| | トラックバック (0)

2006/04/22

DAVID BOWIEのLOW

 失われつつある音楽のジャンルのひとつに、真の意味での『テクノ・ポップ』があるように思える。

 いわゆる「ベルリン時代」にデビッド・ボウイが発表した一連の作品や、クラフトワークの『人間解体』とか『放射能』のようなアルバムで聴ける音が持つ曲調や雰囲気が、本当の『テクノ・ポップ』だと私は思っている。

 だから、現在の音楽シーンにおける“テクノ”と呼ばれる音楽は、テクノ・ポップからは程遠い、ダンスミュージックの亜流にしか聴こえない。

  Low_2

 テクノ時代を創造したボウイの〝LOW〟は全ておいてテクノの権化だ。

続きを読む "DAVID BOWIEのLOW"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/20

アズーリな昼食

 ある日のこと、N県S市のOというイタリアンの店で昼ごはんを食べた。明治時代の古民家を改造し、店舗として使用しているので、落ち着いた雰囲気が味わえる店だ。

Orga_2006_2_14_ika

 前菜の一皿目は『ホタルイカとクスクスのサラダ』

 クスクスのさっぱりとした食感に、

続きを読む "アズーリな昼食"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/18

宇宙世紀っていったい?

 人類が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた 地球の周囲の巨大な人工都市は人類の第2の故郷となり、 人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった・・・・・・

    Z_gundam_msz006 (廃墟にたたずむZ)

 宇宙世紀0079、 地球から最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、 地球連邦政府に独立戦争を挑んできた この1ヶ月あまりの戦いで、ジオン公国と連邦軍は総人口の半分を死に至らしめた 人々は、自らの行為に恐怖した・・・・・・

 超有名なガンダムファーストシリーズ。冒頭のナレーションが聴こえてきただけで、

続きを読む "宇宙世紀っていったい?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/17

帰ってきた男

『―カーズは―

2度と地球へは戻れなかった・・・。

   Jojo_uk_2

鉱物と生物の中間の生命体となり、永遠に宇宙空間をさまようのだ。

そして死にたいと思っても死ねないので、そのうちカーズは考えるのをやめた』

 何度読んでもよいですね!ジョジョの2部は!

 究極生命体となり、勝利を確信したはずのカーズが、

続きを読む "帰ってきた男"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おまえが下だ! ポルナレフッ!

なぜ自分で闘わない?

ポルナレフ・・・・・・・・? 

      Jojo_diavolo_2

精神力が衰えたからか?

それとも再起不能だからか?

(ジョジョの奇妙な冒険・第5部より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/13

KILLER QUEEN

 『グラビアの美少女』ならぬ『少女マンガの美少年』のような初期QUEENの勇姿。

 みんな若いですねー! 一人は既に故人ですが・・・・

      Early_queen

 私が海外ロックに興味を持ち、〝マカロニほうれん荘〟の熱心な読者だった頃のいわゆる「外タレ」の典型的なイメージ像はQUEENに代表される、

続きを読む "KILLER QUEEN"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/06

移民の歌

 私とLED-ZEPPELINの出会いのきっかけは超常現象。だってLED-ZEPPELINのジャケットって、いつも神秘主義者のツボをついてくれるんだもの。

  Zep_circle

 この画像はベスト盤のジャケットなんだけど、ZEPが好んで使用したオカルト的なイメージの一つであるミステリーサークルと、

続きを読む "移民の歌"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »