« 移民の歌 | トップページ | おまえが下だ! ポルナレフッ! »

2006/04/13

KILLER QUEEN

 『グラビアの美少女』ならぬ『少女マンガの美少年』のような初期QUEENの勇姿。

 みんな若いですねー! 一人は既に故人ですが・・・・

      Early_queen

 私が海外ロックに興味を持ち、〝マカロニほうれん荘〟の熱心な読者だった頃のいわゆる「外タレ」の典型的なイメージ像はQUEENに代表される、

少女マンガから飛び出てきたような「異国の貴公子」でした。

 「ロックの貴公子」についての明確な定義はありませんが、特徴を列挙しますと、

①異常なくらい足が長い。

②綺麗なブロンドのロングヘアー。

③美形だが陰鬱な顔立ち。

④大きく胸の開いたコスチューム。

⑤ピチピチにフィットした通気性の悪いパンツ。

⑥ワイルドさを演出する胸毛。

⑦どんなに不摂生しても肥らない。

⑧長生きしそうに見えない。

⑨不幸な過去を背負って生きている。

⑩悲劇的な結末。

    Ledzep1

 以上が私なりの『ロックの貴公子』の定義です。

 70年代にはトランス・セクシャルを扱った少女マンガが数多く描かれました。

 竹宮恵子とかのね。

 そのほとんどの〝美形〟男性キャラは、当時の欧米のロック・ミュージシャンそのものです。

 美形のロッカーと、トランス・セクシャルが何で結びついたのかわかりませんが、とにかく一昔前の時代の少女マンガの世界には「貴族風の美形ロッカー」が溢れていました。

 少女マンガ家の世界には、美形のハード・ロッカーを崇拝する風潮が確かに存在したのです!

 今となっては、よい時代だったのだと微笑ましく思い出されます。

 今日の少女マンガ文化においては、完全に失われた表現スタイルのひとつです。

 非日常的で煌びやかな世界に憧れを抱かない少年少女達なんて想像したくないな。

|

« 移民の歌 | トップページ | おまえが下だ! ポルナレフッ! »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/9578730

この記事へのトラックバック一覧です: KILLER QUEEN:

« 移民の歌 | トップページ | おまえが下だ! ポルナレフッ! »