« ベルクカッツェ | トップページ | キャシャーンがやらねば誰がやる! »

2006/05/01

生うに丼を食い尽くす

 北海道でうに丼を何回か食べたことがある。

 結構、当たり外れが激しいメニューだと思うのですが皆さんはいかがですか?

  Uni_don

 美味しい生うに丼と出会うための秘訣は単純なことなのですが、

 〝出費を惜しまないこと〟に尽きます。

 北海道が雲丹の産地だといっても、全ての食堂で美味しい生うに丼が食べられる保障はありません。

 小樽や釧路で入ったお店で出された生うに丼は、北海道の生うに丼と名乗ることが許されないような代物でした。料金は決して安かったわけではありません。しかし、残念なことに東京の居酒屋で出てくるような、お腹を壊しそうな生うに丼だったのです。

 北海道のイメージを汚すような料理を出すことは許せません。

  Uni_don_up_1

 画像で紹介している生うに丼は、私が自信を持って内地の人へお勧めできます。

 雲丹の鮮度は最高。

 雲丹の量も最高。(雲丹は4段重ね)

 雲丹の身の粒々がしっかりしていることを、写真でも鮮明に確認できることだと思います。

 生臭みなど微塵もありません。生うにの風味だけを感じることが可能なのです。

 北海道滞在期間は毎日が非日常。

 美味しい食べ物に出費を惜しむなんて愚の骨頂ですよ。

 旅行ガイドブックを信じて、値段相応のものを食べて、「名物に美味いもの無し」なんて知ったかぶっていないで、本当に美味しいものに出会う努力をしましょう。

 もうひとつ忘れちゃいけないことがあります。食べ物には「旬」というものがあるんですよ。北海道だからって特別視しないようにしましょう。

|

« ベルクカッツェ | トップページ | キャシャーンがやらねば誰がやる! »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/9853315

この記事へのトラックバック一覧です: 生うに丼を食い尽くす:

« ベルクカッツェ | トップページ | キャシャーンがやらねば誰がやる! »