« 眠れる奴隷 | トップページ | スカイラブ投法 »

2006/05/19

盗まれたウルトラアイ

マヤは踊りながらテレパシーでダンに語る。

 「こんな狂った星を?見て御覧なさいこんな星、侵略する価値があると思って?」

モロボシ・ダンは返す言葉が無い。

Ultra_seven

 マゼラン星人マヤの言葉は重たい。なぜなら、

 侵略する価値すら無い地球は、宇宙にとって不要な存在として抹殺されて当然と言っているのだから・・・・

 昔のSFアニメやヒーロー特撮番組では地球を侵略したがるインベーダーが沢山登場する。

 だけど、地球を征服してどうなるの?って質問したくなる。

 マゼラン星人マヤの投げかけた疑問に答えられる状況じゃないもの。

 今の地球は。

 自然環境はメチャメチャ。

 オゾン層は消滅寸前。

 森林資源も伐採され尽くしてしまった。

 大気にも海や川にも有害化学物質だらけ。

 人の住める環境じゃなくなってきているのに、侵略してどうするの?

 住んでいる人間が地球を駄目にしているのだからどうしようもない。

 飽くことの無い闘争本能で戦争ばっかりしている人間。

 人間が地球を機能不全にする前にやめさせようとしているのかもね。

 宇宙人は。

 馬鹿な人間なんかに地球を管理させられない危機感からね。

 人間は勘違いした方法で生き延びようとしている。

 制御不可能な核エネルギーにすがってまで見せかけの繁栄に酔いしれている。

 ガミラス星人なら放射能まみれの地球でも生活できますけど・・・・・

 本当に地球を必要としている宇宙人に地球を譲ったほうがいいのかもしれない。

|

« 眠れる奴隷 | トップページ | スカイラブ投法 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盗まれたウルトラアイ:

« 眠れる奴隷 | トップページ | スカイラブ投法 »