« Guevaraの魂は死なず | トップページ | カテナチオの勝利 »

2006/07/04

The CLASH 白い暴動

『ザ・クラッシュ』

 ジョー・ストラマー、ミック・ジョーンズ、ポール・シムノン、(トッパー・ヒードン)

 クラッシュの主張は普遍性を持っています。

     The_clash

 ザ・クラッシュの敵は明確です。

 偏狭な保守主義者や右翼を標的としていました。

 「今の社会は人を不幸にすることで繁栄している。それが体制であり、それを支持するのが右翼なら俺は右翼にはなりたくない。右翼より左翼のほうがマシだ」(Byジョー・ストラマー)

 ザ・クラッシュは“正義”というもの信じて闘い続けました。

 “パンク”で世界は変わるという信念を持っていました。

 ジョー・ストラマーは「アメリカの言うことは常に “買え、もっと買え” “銃を持って戦え。ひたすら戦え。アメリカのために死ね” それだけなんだ。そんな国を信用できるかい?」と訴え続けました。

 当時の識者?と呼ばれる人々は、パンクを「汚い」とか「一過性」だとか分析していました。

 しかしジョー・ストラマーは、パンクを人の革新に繋がると真面目に考えていました。

 ジョー・ストラマーは純粋すぎる理想主義者でした。

 人々が社会の底辺の姿を知り、虐げられた人々の訴えをしっかりと受け止めることができれば、社会はかわっていくものだと考えていました。

 そう信じてジョー・ストラマーは歌い続けました。

 だが、しかし・・・・

 ザ・クラッシュは社会に勝つことはできませんでした。

 ジョー・ストラマーの信じた社会正義は達成できませんでした。

 実際の社会は、ジョー・ストラマーが考えている以上に汚れきっていて、本当に変革を望む人間達は僅かだったのです。パンクの理想はあっという間に過去のものになっていきました。

 ジョー・ストラマーは性善説の人でした。

 だけどジョー・ストラマーの精神は死んじゃいない!

 私は The CRASH を聴いている時に、自分が正義の中に属している瞬間だと実感できるのだから。

|

« Guevaraの魂は死なず | トップページ | カテナチオの勝利 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

Buildings are quite expensive and not every person can buy it. However, home loans are created to support different people in such situations.

投稿: Jannie24JACOBSON | 2012/01/25 22:45

Some time before, I needed to buy a good car for my business but I did not have enough money and couldn't purchase something. Thank heaven my dude suggested to get the mortgage loans from trustworthy creditors. Thence, I acted that and used to be happy with my commercial loan.

投稿: FlowersDaisy | 2012/01/25 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/10788394

この記事へのトラックバック一覧です: The CLASH 白い暴動 :

» sunken gardens [sunken gardens]
lawn and garden retailer garden plants online garden shrubs west garden grove little leag... [続きを読む]

受信: 2006/07/06 03:47

« Guevaraの魂は死なず | トップページ | カテナチオの勝利 »