« ソロモンよ私は帰ってきた! | トップページ | 怒り、対話、絶望? »

2007/01/24

RX78-GP02A PHYSALIS

 「ガンダム試作二号機」はアトミック・バズーカを装備しているわけで、言うなれば核兵器なんですね。いまさらなことですが・・・・

     Rx78gp02a_04

 ちなみに、モビルスーツというもの自体が核融合を動力源にしているものが殆どですから、

宇宙世紀における戦争は全て「核戦争」だったと言えるのかもしれませんね。

 ガンダム世界を綴る魔法のキーワードが『ミノフスキー物理学』であります。

 まあ、これだって大層な理屈をこねていますが、核融合炉の小型化に成功したに過ぎないのですね。

 たとえば大気圏内で、ガンダムがビーム・ライフルでジオンのザクをドッカンドッカン撃墜すればするほど、自然環境は核物質で汚染されていくわけです。

   Rx78gp02a_02

 宇宙世紀というのは、数十年にわたってモビルスーツを駆使し戦乱に明け暮れるお話ですから、地球を取り巻く宇宙空間は放射性物質まみれのはずです。

 到底人間が生き延びるのは無理ですね。

 アニメの中の戦争ですが、どうせ殺しあうのならば、綺麗で環境にやさしい方法で行って欲しいものですね。

   Rx78gp02a_06

 それにしても、私個人としてはこの「GP02A」という機体は好きなデザインです。

 核武装しているという設定といい、ガンダムを名乗っている割に異形なものを感じさせる雰囲気といい、良いです。

 伝説巨神イデオンに登場する、バッフ・クランの重機動メカに通じる何かを感じるのです。

 このガンダム試作二号機、通称「PHYSALIS」を強奪したアナベル・ガトーのセンスは褒めてあげたいですね。

 それにしても、「PHYSALIS」は「サイサリス」って発音じゃないよねえ?

|

« ソロモンよ私は帰ってきた! | トップページ | 怒り、対話、絶望? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RX78-GP02A PHYSALIS:

« ソロモンよ私は帰ってきた! | トップページ | 怒り、対話、絶望? »