« 紋別掲示板のリニューアルについてのお知らせ | トップページ | ジンジャー・ベイカーの顔 »

2007/03/28

花粉症

 実は私、花粉症のことがさっぱりわからないのです。

 毎年のように春が近づくと話題の中心は花粉症。

 私の周囲にも花粉症で苦しんでいる人がいます。

 だが、しかし!

 花粉症の患者に対して、

どんな方法で共感すればいいのかが、私には全く分からないのですね。

 共感することって、人間関係を保つ上で結構重要ですよね。

 だから共感の仕方がわからない私にとって、花粉症の季節は別の意味で苦痛であります。

 アレルギー症状らしいってのは薄々感じているんだけれど、いまいち病気っていう風に認識できないのですよ、私には。

 くしゃみが止まらないだとか、鼻水が流れ出てしょうがないだとか、目が痒いだとか。

 花粉症の人にとっては切実なことなのかもしれませんが・・・・

 花粉症と無縁の私にとっては、永遠に得ることの無い感覚なのです。

 そんな私にもある日突然、花粉症の症状が出ないとも限りませんが。

 だけども花粉症の人から、「いやあ、花粉症がひどくてねえ」と語りかけられても、「ふーん、そうなの?」って無感動な返事をするだけなのです。

 花粉症の人から見れば、私は心の無い人と思われても仕方がありません。

 花粉症って感覚が全く理解できなくて困ります。

|

« 紋別掲示板のリニューアルについてのお知らせ | トップページ | ジンジャー・ベイカーの顔 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/14440658

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症:

» 月は [文化・芸能]
イスラミヤ キリスト教の各信徒が 摘されている [続きを読む]

受信: 2007/03/30 14:56

« 紋別掲示板のリニューアルについてのお知らせ | トップページ | ジンジャー・ベイカーの顔 »