« 花粉症 | トップページ | ラーメンこってり(大盛) »

2007/03/31

ジンジャー・ベイカーの顔

 久しぶりに一部の方々に好評な、有名人の「顔」を検証してみたいと思います。

 今回のお題は『ジンジャー・ベイカー』です。

      Ginger_baker_07

 どうですか、この顔!

 狂っていると思いませんか?

 ジンジャ・ベイカー(GingerBaker)という人物は、

1960年代から活動しているドラマーで、欧米の音楽業界では超の付く有名人なのです。

 ジャック・ブルース、エリック・クラプトンと組んだバンド〝クリーム(Cream)〟は、活動期間こそ2年余りと短かったのですが、1960年代のロック界における奇跡(miracle)として語り継がれています。

 インプロヴィゼーションを繰り広げる3人の演奏は、素晴らしいとしか表現しようがありません。

    Ginger_baker_04

 ロックの歴史に巨大な足跡を印し、今も世界中のドラマーの頂点に君臨するジンジャー・ベイカーの顔を評することは恐れ多いことだと思っています。

 だってGingerは狂っているのですから。

 狂っているといっても、私は直接ジンジャー・ベイカーと面識はありませんので、あくまでも“見た目”での評価としての結論です。

 ひらたくいえばキチガイにしか見えません。

 絶対に友達にしたくない人物のタイプですね。

 GingerBakerと知り合いだというだけで、周囲からは軽蔑の視線を浴びそうです。

 基本的にGingerは狂人ですから、意味不明のことを口走るでしょうし、発作的に突然暴れだすこともあるでしょう。

      Ginger_baker_03

 道徳観は皆無だと思われるので、犯罪を平然と行いそうです。

 食事なんかしないはずです。

 アルコールとドラッグしか体内に入れないんですよ。

 ジンジャー・ベイカーは平気で殺人やレイプをしそうな雰囲気を漂わせています。

 興行上の演出ではなくて、真のキチガイなのですからね。

 本当の「あぶない人」なのです。

 生まれながらの悪の権化こそ、Ginger Baker !!!!!!!

  Ginger_baker_05

Cream時代のGinger〔右端の人物〕一人だけ目がいっちゃってます

 ジンジャー・ベイカーには気をつけてください!

 絶対に怖い人ですよ、Gingerは。

 ジンジャー・ベイカーの顔は邪悪に見えます。

 話は変わって。

 以前から感じていたことなのですが、ジンジャー・ベイカーの顔って誰かに似ていると思うのです。

 それは・・・・・

 トム・ハーリック!

 知らない人のために説明しますと、トム・ハーリックという人物は、オランダのキックボクシングジム“ドージョー・チャクリキ”の会長さんでして、K-1でおなじみのピーター・アーツを育てた方なのです。

 スパーリング中心のトレーニング法は有名で、ドージョー・チャクリキでは選手同士がとにかく殴り合い、蹴り合いまくるそうです。

 トム・ハーリック会長の言葉として〝チャクリキに痛いという言葉は存在しない〟という名言があります。

 普通の人じゃないのでしょう。

 トム・ハーリック会長も。

 顔、髪型、雰囲気、全てがジンジャー・ベイカーに瓜二つです。

 ジンジャー・ベイカーやトム・ハーリック会長のような顔を、“非常識系”と表現することにします。

|

« 花粉症 | トップページ | ラーメンこってり(大盛) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

「顔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/14472454

この記事へのトラックバック一覧です: ジンジャー・ベイカーの顔:

« 花粉症 | トップページ | ラーメンこってり(大盛) »