« 悪魔と契約 CROSS ROADS | トップページ | BLADE RUNNER 25周年記念 »

2007/09/04

カルチャークラブ

 カルチャークラブについてちょっと・・・・

Culture_club_waking_up_with_the_hou

 カルチャークラブ(CULTURE CLUB)というバンドを、どのくらいの人が覚えているのか最近心配になのです。

 まじめに語られることの少ないカルチャークラブ・・・・

 カルチャークラブのような素晴らしいアーティストを、このまま時代のあだ花としてポップミュージックの片隅に追いやってしまってよいのでしょうか!

 カルチャークラブについて簡単におさらいしてみますと、

 1980年代初め~中頃にかけて全世界で人気を得たイギリス出身のポップグループです。

 ボーカルのボーイ・ジョージの女装が当時話題となりました。

 代表曲に、『君は完璧さ』、『カーマはきまぐれ』、『戦争の歌』などがあります。

 当時はMTVが台頭し始めた時代でして、音楽と映像が完全なる融合を果たした時代でもありました。

 MTV以前の新作アルバムを売る方法というのは、コンサートツアーで新作に収録された曲をがんがん披露して、ラジオで新作をヘビーローテーションで放送してファンをレコードショップへ向かわせるという手法が一般的でした。

 基本的に今も音楽業界ではごく普通に行われている方法なのですが、1980年代初頭には、MTVでプロモーションビデオを放映するという新たな試みが取り入れられたのです。

 ミュージシャンの映像がお茶の間に流されるということは、ぶっちゃけた話音楽の完成度はもちろん重要ですが、“見た目”が非常に重要視されるということを無視できなくなっちゃったんですね。

 そう考えると、ロックの歴史において非常に重要なバンドの、個人的にもお気に入りの『キング・クリムゾン』はルックス的には厳しいかな・・・・と、思ってしまいます(汗)

 MTVの時代にキング・クリムゾンは存在しえたのだろうか?

 ちょっと話がそれてしまいましたが、それぐらい、大衆受けする“見た目”を兼ね備えたポップスターが求められていた時代でした。

 そしてMTVによって時代の寵児に祭り上げられたのがカルチャークラブだったのです。

 当時は第2次ブリティッシュ・インベイションと呼ばれた時期で、アメリカの音楽市場にイギリス製のアーティスト達がMTVを武器に、大挙して押し寄せていました。

 パッと思いつくだけでも、デュラン・デュラン、カジャ・グーグー(リマール)、ワム!、ハワード・ジョーンズ、ヒューマン・リーグ、といった名前が出てきます。

 厳密にどんな人たちを指すのかは不明ですが、『ニュー・ロマンティック』という言葉が当時あって、デュラン・デュランとかはそう呼ばれていました。

 イギリス系じゃなくても、チャーリー・セクストンとかは十分にビジュアル系でした。

 U2がメジャーになったのもこの頃。

 そんな、音楽業界がMTVを得た事による「ビッグ・バン」で最も恩恵を受けたのがカルチャー・クラブだったと思います。

 ボーイ・ジョージの女装というか、どう見てもゲイむき出しの風体は1980年代前半には十分に刺激的でした。

 女装する男、化粧する男といえば、ボーイ・ジョージ以前にもグラム時代のデヴィッド・ボウイ等がギミックとして使っていました。

 DavidBowieのはあくまでも男であるということが前提であり、そのことが逆に背徳感、耽美趣味、神秘思想を増幅させていたように思います。

 しかし、ボーイ・ジョージというのは、誤解を恐れずに申し上げますと、ギミックでもなんでもなく、ただのオカマにしか見えません。

 顔がでかいし、あんまり綺麗じゃなかったし。

 だけれども、化粧の濃いオカマが体をくねらせながら『君は完璧さ』を歌い上げるPVは、すっごく印象に残っています。

 声がいいんですよボーイ・ジョージは。

 断言しますがボーイ・ジョージは歌が上手!

 歌が上手くて、顔がでかくて、化粧が濃くて、オカマなんだからお茶の間の皆さんの心に残らないわけが無い。

 覚えやすくて、親しみやすいメロディー。

 語りかけるような優しさに満ちたボーイ・ジョージの歌声。

 カルチャークラブは永久に不滅ですよ。

 ♪カーマ、カマ、カマ、カマ、カマ、カメレーオーン でおなじみの『カーマはきまぐれ』は日本でも大ヒットし、小学生でもサビのフレーズを口ずさんでいたのは事実です。

 カルチャークラブは意外と骨っぽいところもありまして、『戦争のうた』(The War Song)では声高々に♪センソー ハンターイ と拳を振り上げていますが、そのせいでアメリカの保守政権のもとでは放送禁止にされてしまったというエピソードもあります。

 MTVの恩恵を最大限に浴び、栄華を極めたカルチャークラブでしたが、ボーイ・ジョージのドラッグ問題により落日の日が訪れることとなります。

 いつのまにか消えてしまったカルチャークラブ。

 再結成したという話題もありましたがその後どうなったのでしょう?

 ただ、私にとって重要なことは、1980年代に存在したカルチャークラブというグループは、単なるイロモノでは済まされない恐るべき才能を秘めたバンドであり、ボーイ・ジョージはシンガーとして真っ当な評価に値する存在だったこと。

 同時期に活躍したブリティッシュ・ロックの群れの枠組みの中で括ることのできない、スケールの巨大な自分の世界を持ったオカマがいたことを忘れてはならないのです。

 ちなみに私が好きな曲は『危ないストリート』です!

 赤頭巾ちゃん気をつけてー

|

« 悪魔と契約 CROSS ROADS | トップページ | BLADE RUNNER 25周年記念 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/16342940

この記事へのトラックバック一覧です: カルチャークラブ:

» 裏サイト エロ動画コレクター 無料サンプル動画 [裏サイト エロ動画コレクター 無料サンプル動画]
無修正動画収集に命をかけたコレクションの数々を裏サイトにて公開!エロの為の溜まり場的裏サイト!無修正動画を目的とする健全男子(女子も可)の同士の一人が運営するリンクフリーの無修正動画裏サイトです。 [続きを読む]

受信: 2007/09/04 21:39

» どうやって人に物を買ってもらうか [内職副業!誰でもすぐ出来るブログアフィリエイト方法]
みなさん こんにちわ 3日ほど長野県の奥地で山篭りしてた きつとです。 久々にPCに触れるとなんか落ち着きます。 これってPC依存症っていうのでしょうか・・・ 誰か知ってたら教えてください。 あれ?毎日ちゃんと更新してるのに、山篭り? と思われる人もいる...... [続きを読む]

受信: 2007/09/05 16:40

» 下着女装 [下着女装]
下着女装。下着女装の面白さと、下着女装の魅力。そして、下着女装で気をつけることとは?下着女装の面白さに迫る。 [続きを読む]

受信: 2007/09/05 21:40

» car insurance rates in ct [car insurance rates in ct]
querying hypocrite organized [続きを読む]

受信: 2007/09/22 17:24

» Viagra natural herb. [Natural viagra.]
Natural viagra free samples. Natural viagra. Natural alternatives to viagra. Natural viagra alternatives. [続きを読む]

受信: 2007/09/26 17:28

» Buy xanax without prescription in usa. [Buy 180 xanax.]
Pharmacy buy xanax. Buy xanax online. Buy xanax dakota message board. Buy xanax with no prescription. Xanax buy xanax online buy cheap xanax xanaxbuy. Buy cheap xanax without prescription. [続きを読む]

受信: 2007/09/27 06:31

« 悪魔と契約 CROSS ROADS | トップページ | BLADE RUNNER 25周年記念 »