« トコイ | トップページ | 矢沢永吉を責めないで »

2007/10/14

我はロボット

 JR東日本の車両製作所を見学しました。

Jr_sharyoseisakusho

 写真は溶接作業用のロボットです。

 人間の指示通り、律儀に溶接作業を繰り返していました。

 このような作業用機械を“ロボット”と呼ぶかどうかについては、

私としてはいまだに疑問が少しあります。

 ロボットの定義については様々な意見があるかと思いますが、人型じゃないのに人間に代わって作業ができるからという理由で“ロボット”と呼ぶのはどうかな?と、思うのです。

 個人的にはロボットというものは人間の姿を模した存在であって欲しいのです。

 そしてできることならロボット自身に「意思」があるべきだと思います。

 そう意味では『マジンガーZ』や『機動戦士ガンダム』はロボットじゃないです。

 人型ではありますが、あくまで操縦者の意のままに操られるだけの“人型の機械”でしかないのです。

 『ブレードランナー』の可哀想なレプリカント達とか、『8マン』、『鉄腕アトム』は、自分自身の存在意義について思い悩む場面が描かれています。

 人間に代わる存在としての“ロボット”の定義に当てはまります。

 神は自分に似せて人を創造したと聖書で語られています。

 どうでもいいことかもしれませんが、ロボットは人に似せて造られるべきだし、単純な作業を繰り返すだけの可愛そうな工業用機械には“ロボット”という用語を使わないで欲しいと思うのです。

 楳図かずおの名作『わたしは真悟』に、心を持ってしまった工業用機械「モンロー」が登場します。

 溶接を繰り返すJRの工業用ロボットを見ていて、私はその「モンロー」を思い出しました。

 そしてロボットに見入る自分を、『わたしは真悟』の中で、モンローと初めて出会って想像していたロボットとのギャップに愕然とする「悟」と少しダブらせてみました。

 「真鈴」のような美少女とは出会えなかったけれど、滅多に見ることのできないJR車両製作所を見学できて楽しかったな。

|

« トコイ | トップページ | 矢沢永吉を責めないで »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/16756527

この記事へのトラックバック一覧です: 我はロボット:

» 高橋愛 AVデビューの噂の真相は!?衝撃映像を入手!独占公開中! [高橋愛 AVデビューの噂の真相は!?衝撃映像を入手!独占公開中!]
高橋愛 AVデビューの噂の真相は!?衝撃映像を入手!独占公開中!〜人気アイドル 高橋愛 AVデビューの噂の真相!なぜアイドルはAVデビューするのか!?〜 [続きを読む]

受信: 2007/10/14 16:22

« トコイ | トップページ | 矢沢永吉を責めないで »