« 「罪の報いは死」 | トップページ | エイシンイットオー »

2007/12/23

SWAN的有馬記念予想 ~そしてオカルトが残った~

今年も有馬記念の季節がやってきました。

第52回になるそうです。

有馬記念というレースについてちょっと考えてみたいと思います。

Zep2

ご存知のとおり、有馬記念に出走するにはファン投票で選出されなければなりません。

出走条件は3才以上のオープン馬ということであれば、牡馬、牝馬、外国産は問われないようです。

そう意味では1年の締めくくりに行われる、実力日本一決定戦という位置づけなのかもしれません。

だがしかし!

ファン投票で選ばれた馬が走る以上、実力以上に人気が結果に反映されるべきだと私は考えるわけなのですね。

今年のファン投票一位は何でしたか?

ウォッカだったでしょ?

枠が大外だったり、ここ数戦のレース内容から評価が若干落ち気味ですが、人気者が勝たなきゃいけないのは、有馬記念の宿命のはず。

ウォッカ外せません。

世相が反映されるのも有馬記念の特徴。

マンハッタンカフェとアメリカンボスの時みたいに、有馬記念の世相反映は意外とワールドワイドだったりもするのです。

世界の話題を独占しているのは何ですか?

考えてみてください。

忘れていませんか大事な事件を・・・

ツェッペリンのことですよ。

レッド・ツェッペリン再結成が大きく報じられたでしょ!

ツェッペリン関連で出走している馬といえば、サンツェッペリンしかないじゃないですか!

サン・ツェッペリンは能書きなしで買うしかないです。

その他にレッド・ツェッペリンで結び付けられるのが、ポップロック、ロックドゥカンブ、デルタブルースは音楽をイメージさせる馬名ということでチェック。

ツェッペリン解散の原因となったのはドラムのジョン・ボーナムの死亡でした。

ジョン・ボーナムという人は大酒飲みで、死因は過度の飲酒でした。

そういう意味ではウォッカともつながりがありますね。

オカルト馬券好きとしては、あえてメイショウサムソン、ダイワメジャー、ダイワスカーレットは切り捨ててしまいましょう!

ズバリ

6、8、9、13、16

3連複10点組み合わせで勝負してみます。

|

« 「罪の報いは死」 | トップページ | エイシンイットオー »

競馬」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SWAN的有馬記念予想 ~そしてオカルトが残った~:

» 絶対に当たらない馬券予想「有馬記念」 [Route 1971]
とうとうこの日がやってきた。今年の総決算、有馬記念。アドマイヤムーンが引退したの [続きを読む]

受信: 2007/12/23 14:06

» エグザエル [エグザエル]
エグザエル [続きを読む]

受信: 2007/12/23 15:13

« 「罪の報いは死」 | トップページ | エイシンイットオー »