« 伝説巨神イデオン | トップページ | 中川昭一氏が哀れだ・・・ だけど面白かった »

2009/02/10

わたしは真悟

 「大人になんか、なりたくなかったのに!!」

 真鈴(まりん)と悟(さとる)の、悲しく、切なく、儚い、奇跡のラブストーリー。

 『わたしは真悟』は、楳図かずお先生の数多い名作の中でも、1980年代を代表する作品で、小学館のビッグコミック・スピリッツで連載されていました。

 当時のあらゆる文化媒体を見回してみても、『わたしは真悟』に匹敵するような作品はそうそう存在しません。屈指のラブ・ストーリーにして、特に《東京タワー登りのシーン》は圧巻の一言。

 こんなにも切ないラブ・ストーリーがあるのかってくらい、幼い2人の言動に心が揺さぶられること必至。

   Shingo_satoru_marin_001

 もしも、『わたしは真悟』と出会うことが無かったと考えると、私の人生はとてもつまらない、お粗末なものだっただろうと思います。いや、そんな人生など想像もしたくない。

 大げさかもしれませんが、『わたしは真悟』と出会えたこと自体が、一つの奇跡だったのもしれません。

 『わたしは真悟』の何がそんなに凄いのか?

 言葉や文字で表すことは難しいと思われます。なぜならば、

『わたしは真悟』と出会った環境によって、人それぞれの『真悟』がそこに存在することになるのです。

    Shingo_020

 あえて『わたしは真悟』を強引に一言で言い切ってしまうと、“こどもの悪戯によって、意思をもってしまった、工業用ロボット「真悟」の冒険譚”となるのですが、それだけだと訳がわからないですよね。

 ロボットが心を持つだけじゃなくて、ストーリーの途中からは“日本製品ボイコット”だとか、“ロビン”、“虹”、“エルサレム”、“佐渡島”とか、とにかく情報量が多く、中途半端な気持ちで読んでいると、訳わかんなくなります。複雑な要素がたくさん入ってくるので、『わたしは真悟』を読破するには気合が必要です。

     Shingo_019

 詳しい説明は省きますが、「わたしは真悟」の作品内において、私が惹き付けられてしまった、漫画史上屈指の名場面、“東京タワー登り”のシーンを紹介します。

 “東京タワー登り”における緊張感、疾走感、悲壮感、切迫感、とにかく凄いんです!

 大勢の人達に、ストーリー序盤の山場、“東京タワー登り”まででいから、『わたしは真悟』に触れて欲しいと願っております。

     Shingo_013

東京タワー登りまでの大まかなストーリー

 偶然の出会いによって恋人同士となった、さとるとまりん。2人は小学6年生。

 さとるの父が勤務する工場の工業用ロボット、通称モンローに2人が様々なデータをインプットしたことにより、作業用以外のデータが蓄積されていきます。

 そんなモンローは2人にとって万能の存在でした。

 かけがえの無い、二度と体験できない、素敵な夏休みを満喫する、さとるとまりん。

 モンローをとおして愛し合う2人に、突然の別れが訪れます。まりんが父親(外交官)の仕事の関係でイギリスに引っ越すことになったのです。

 2度と会えなくなるかもしれない2人は、2人の愛を確かなものとするため、結婚し子供をつくる決心をします。

 空港から逃げ出したまりんが、さとると公園で再会するシーンの、まりんの言葉が泣けるのです。

まりん

「今度 つかまったら、 わたし達 もうほんとの 最後よ!!」

「もう・・・・・・ 会えないわ!!」

「おとなに なるまで!!」

「もう、会えないわ!!」

「もう、子供の時の わたし達には 会えないわ!!」

Shingo_satoru_marin_004

 まりんの言葉を受けてさとるも決心します。

 しかし。2人はまだ子供。

 子供の作り方を知りません。

 逃亡中の2人は友人に聞くわけにもいかず、2人にとって万能の存在モンローに答えを求めることに。

 2人は工場に忍び込み、モンローに入力します。

?ドウスレバコドモガ

 ツクレルカ

 モンローはとてつもない答えを出します。

 333ノ

 テッペンカラ

 トビウツレ

 333とは何なのか?

 いったい、何から何に飛び移ればいいのか?

さとる

「高さの ことだよ、きっと!!」

まりん

「えっ!!」

さとる

「あれだよっ!!」

 さとるの指差す先には、東京タワーがそびえたっている。

Shingo_025

 最上階の展望台の非常口から外に出て、はしごを使ってタワーのてっぺんに登ることにするまりんとさとる。

 展望台に上る際の、エレベーター内で交わす2人の会話が素晴らしい。

 足元に見える景色がどんどん小さくなっていく、豆粒のように。それを眺めながら手を握り締めあう2人。まりんはさとるに話しかける。

Shingo_satoru_marin_011_a

まりん

「もし・・・・・・」

「うまく やれなかった 時は・・・・・・」

「死ぬわね・・・・・・」

「でも・・・ うまく いった 時は・・・・・・」

「子供が つくれるのだわ・・・・・・」

さとる

「そうさ 子供を つくるんだから、これぐらいは・・・・・・」

まりん

「そうね・・・・・・・・・」

「子供が 子供を つくるんだから・・・・・・」

「きっと・・・・・・」

「これは わたし達用 なのね・・・!!」

「やるわッ!!」

 2人がやろうとしていることは、とんでもないことなんだけど、そのバカバカしいまでの純真さが、読むものに訴えかけ、泣かせるのです。

 展望台の屋上に上ることに成功した2人ですが、眼下に広がる極小の街並を見て、まりんがビビッてしまい、動けなくなります。

Shingo_satoru_marin_010

さとる

「夜になってからやろう・・・・・・」

「夜だと、周りが 見えないから、少しはこわくなくなる・・・・・・・・・・」

Shingo_satoru_marin_006_1

 夜になるのを待つ2人。

まりん

「わたし達・・・ もしかしたら・・・・・・」

「一生のうちで、今が・・・・・・」

「いちばん しあわせなのかも しれないわ!!」

さとる

「うん・・・・・・」

 日が落ち、夜景を眺めるまりんとさとる。

 まりんは夜景の美しさに感嘆の声をあげる。

まりん

「きれい!!」

「大人になっても、こんなふうに 見えるのかしら!?」

さとる

「見えないよ・・・・・・・・・」

「大人なんて、みんなちがう生きものに なっちゃうのさ、きっと・・・・・・」

「だって、ぼく達が大人だったら、たぶんこんな所へは 来なかったはずだろ!?」

まりん

「そうね!!」

Shingo_satoru_marin_008

 ほんとに、いい展開だなあ。こんなに素晴らしい脚本なんて、一生のうちに一度お目にかかれるかどうかです。しかも、最高の脚本に、楳図先生渾身の究極の絵が合体しているのだから無敵のアートです。

 なんとかタワーの頂上近くにたどりついた2人だけれど、体力が限界に近づきつつあり、夜も明け始める。さとるは小休憩をとることにする。

 疲れきっているが、2人は何物にも代えがたい充実感を得ている。

まりん

「わたし・・・ 今・・・・・・」

「とても しあわせ・・・・・・!! さとるくんは!?」

さとる

「ぼくも・・・・・・」

まりん

「こんなこと 子供だから できるのね!!」

さとる

「うん!!」

「・・・・・・最高さ!!」

「二度とはできない!!」

まりん

「そうね!!」

 感動し涙ぐむまりん。

Shingo_satoru_marin_009

 “子供だからできるのね”って自然に言えるまりんの感性は最高。

 疲労困ぱいしながらも、最頂点を目指し2人はタワー登りを再開。

まりん

「なんとしても てっぺんまで 行くわ!!」

「てっぺんは・・・・・・ まだ!?」

さとる

「たぶん・・・・・・ もうすぐ!!」

まりん

「てっぺんへ着いたら、どこへ 飛び移ればいいの!?」

さとる

「さあ・・・・・・!?」

「きっと、着いたら すべてが わかるさッ!!」

 この子供らしい、無茶な解釈の仕方も最高です!

 子供を子供らしく描かせたら、楳図かずお先生は最強ですね!

Shingo_satoru_marin_003

 

 ついに、てっぺんにたどり着いた2人。しかし周囲は見渡す限り空。しかも東京タワーは地盤沈下で30cm低いのだという。

 救出隊のヘリコプターが接近する。

隊員

「早くっ! こっちへ!! 飛び移れっ!!」

まりん

「だめよッ!! 飛び移れないわッ!!」

「30センチたりないのよッ!!」

隊員

「そんなことは どうでもいいっ! 下で親が心配しているのがわからんのかっ!」

まりん

「だめよッ!!」

「このまま 飛び移ったら・・・・・・」

「今までのことが、全部ムダになるのッ!!」

「わたし達・・・・・・!!」

「二人の 子供が ほしいのよッ!!」

「333の てっぺんから 飛び移らないと・・・・・・」

「子供が・・・・・・」

「つくれないのッ!!」

さとる

「まりんッ!!」

「ランドセルを乗せると、30センチになるぞッ!!」

「その上に 登って 飛ぶんだッ!!」

「手をつないで、いち、にい、さんで・・・・・・」

「目をあけて、いっきに飛び移るんだっ! いいねっ!?」

「いくぞっ!! いち! にい!! さんっ!! えいっ!!」

Shingo_satoru_marin_007

 ヘリコプターに2人が飛び移った瞬間、モンローに異変が起こります。

 急激に過剰な電流が流れたことによって、突然意識をもってしまうのです。

 2人の気づかないところで・・・・・・

    Shingo_satoru_marin_012_a

   Shingo_satoru_marin_013

 意識を持ったモンローは、自分の両親が「真鈴」と「悟」であると理解し、2人の名前を合体することにより、自分自身を“真悟”と命名し、さとるがまりんに伝え切れず、最後にモンローに入力したメッセージをまりんへと届ける旅に出ます。

 さとるがまりんに言い残したこと、それは・・・・

マリン

ボクハイマモ

キミヲ

アイシテ

イマス・・・・・・

 子供のままでいることは不可能だけれど、子供のままでいられることほど幸福なことは無いのです。

 結局、2人が望んだ形での子供を得ることはできず、2人は引き裂かれます。

 まりんはイギリスへ旅立ち、さとるは母の実家のある新潟へ。

 ストーリー終盤でのこと、まりんとロビンがエルサレム近郊の砂漠をさまようシーンがあるのですが、そこで発するまりんの叫びが非情に切ない。

 カチッ、カチッ、カチッ、カチッと、まりんの体内で何かが変わり始めたことにまりんは気づき、驚愕し、嘆きます。

まりん 

「私の中のどこかで・・・・・」

「どこかでとうとう・・・・・・」

「始まってしまった!!」

「大人になんか、なりたくなかったのに!!」

 限られた時間の中で必死に生きる、まりんとさとるを通して、「子供時代」は人生の中においてかけがえの無い瞬間の連続であり、最も大切に過ごさなければならない貴重な時間を無駄に過ごしてはいけないと、楳図先生の切実なメッセージが『わたしは真悟』を通じ、訴えかけてくるようです。

 最も輝く瞬間は誰もが共通して有しているのですが、子供のころのセンスオブワンダーの発達如何によって、その人の運命は大きく左右され、何に対して豊かさや価値観を見出すかが変化するのでしょう。

 まりんとさとるの出会いと行動を描くことによって、楳図先生は、一見すると古典的に思われるかもしれない、いわゆる子供らしさ、純粋なけがれ無き心を、許容できず失いつつある現代社会に警告を発しています。

奇跡は 誰にでも

一度おきる

だが

おきたことには

誰も気がつかない

|

« 伝説巨神イデオン | トップページ | 中川昭一氏が哀れだ・・・ だけど面白かった »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「恋愛」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「漫画」カテゴリの記事

コメント

sdvsdsoiuoi wwww thehun zxczxczxc xxx spankwire

投稿: abedelah | 2009/02/23 16:19

またスキャンダル!!今度は全裸画像が流出!!

投稿: 田中聖の全裸画像が流出 | 2009/02/24 11:03

フライデーがオードリー春日と彼女を激写

投稿: オードリー春日 彼女とのデート | 2009/02/24 17:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43625/44012373

この記事へのトラックバック一覧です: わたしは真悟:

» 震災レイプの真実 [阪神・淡路大震災の真実]
6434人が犠牲になった阪神大震災。ボランティアの女性がレイプされたという話が広 [続きを読む]

受信: 2009/02/10 10:49

» 情熱のエロ!スペインハーフ美少女 [情熱のエロ!スペインハーフ美少女]
情熱のエロ!スペインハーフ美少女グラビアアイドル 涼(すず) 特典映像も [続きを読む]

受信: 2009/02/10 11:19

» 叶美香 超セクシー水着写真公開 [叶美香 超セクシー水着写真公開]
叶美香 超セクシー水着写真公開 [続きを読む]

受信: 2009/02/10 11:36

» AVデビュー!安達祐実の母・安達有里 [AVデビュー!安達祐実の母・安達有里]
女優の安達祐実(27)の実母・安達有里(51)のAVデビューが決定したという衝撃情報が [続きを読む]

受信: 2009/02/14 15:22

» 震災レイプの真実 [阪神・淡路大震災の真実]
6434人が犠牲になった阪神大震災。ボランティアの女性がレイプされたという話が広 [続きを読む]

受信: 2009/02/14 17:24

» 美人アスリートの「全裸入浴」盗撮DVD闇流出 [美人アスリートの「全裸入浴」盗撮DVD闇流出]
美人アスリートの「全裸入浴」盗撮DVD闇流出しているらしい。 週刊実話2月26日 [続きを読む]

受信: 2009/02/18 18:11

» 可愛い女の子のオッパイやペロペロ画像等が流出 [流出!オッパイやペロペロ画像等が流出]
20代の男性、勤務先、妹、彼女のハメ撮り、フェラとおっぱいの写真、動画も流出。 [続きを読む]

受信: 2009/02/18 21:37

» TBS小林麻耶アナのパンツでも・・ [TBSの小林麻耶アナがフリーに]
まずはおめでとうございます。お宝画像・動画をフリーになった記念大解放して、お祝い [続きを読む]

受信: 2009/02/19 11:05

» 飯島愛「お別れの会」 [飯島愛「お別れの会」]
飯島愛「お別れの会」 なつかしの画像・動画を大公開中 [続きを読む]

受信: 2009/03/05 21:48

» 可愛い女の子のオッパイやペロペロ画像等が流出 [流出!オッパイやペロペロ画像等が流出]
20代の男性、勤務先、妹、彼女のハメ撮り、フェラとおっぱいの写真、動画も流出。 [続きを読む]

受信: 2009/03/07 07:12

« 伝説巨神イデオン | トップページ | 中川昭一氏が哀れだ・・・ だけど面白かった »