音楽

2009/12/08

John Lennon memorial MOTHER

 1980年12月8日は、John Lennonが射殺された日・・・
 けっして忘れてはならない日。

 暴力は何も生まない。
 暴力は一瞬にして貴重な才能を葬り去る

 銃社会の異常さが証明された日といってもいいでしょう。
 映像の「MOTHER」は、Johnの幼少期の孤独がトラウマとなって爆発した作品。

 感傷的になるより、Radicalだったジョンを肯定しよう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/06

Randy Rhoads Guitar solo- live with Quit Riot

ランディ・ローズ(Randy Rhoads)の Quit Riot時代のライブ映像です。

「トリビュート~ランディ・ローズに捧ぐ」の『自殺志願‐SuicideSolution』で聴かせるギター・ソロの原形が垣間見えます。

異常な早弾きでもないし、超絶技巧でもないけど、ライブのギター・ソロで一番好きなのは、自殺志願で聴けるランディ・ローズのプレイなんです。

今でも聴くたび、鳥肌がたちます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HappyBirthday! Randy Rhoads

 12月6日はランディ・ローズ(Randy Rhoads)の誕生日なのであります。
 彼が死んだという事実は歴然とした事実であり、翻しようが無いのだけれど、どうしても「もし彼が生きていたら・・・」と考えてしまいます。

 彼が本当に追求しようとしていた音とは何だったのか?
 おそらくジャンルの壁を超越したギタリストになっていでしょう。
 HardRockでもない。
 Classicalでもない。
 Fusionでもない。
 想像を絶するGuitar Music

 悔やんでも仕方が無いので、残されたランディの“Mr.Crowley”の動画を観て、人間ランディ・ローズの素晴らしさを再認識することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/16

HELLO GOOD-BY Paul McCartneyの眼力

 何度でも言いたいのですが、ポールの眼力(めぢから)は凄く威力があるし、多くのことを語りかけてくる眼差しだと思うのです。

 ポールは一般的にBeatlesにおける“明るさ”の象徴であり、キャッチーでポップな曲を書く天才と評されています。
 “暗さ”というか、Beatlesの“暗黒面”は、ジョンの役割のように語られることが多いです。
 たしかにジョンはそういった傾向が強いですし、真正面から曲に表現する人です。
 いわゆる《メロディ・メーカーのPaul、メッセージ性の強い歌詞のJohn》って比較のことです。

 ポールにもメッセージ性が皆無な訳ではないですが、あえて大衆には晒さない人なんじゃないかな・・・と、思ったりします。

 ビデオ・クリップで見せるカメラ目線は、4人の中でポールが一番寂しそうに見えてしまうのは、私だけでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/11/03

Eddie Van Halen 超絶技巧

 Eddie Van Halen はコンディションがおかしい時のほうが、素晴らしいギターを弾くギタリストだと思います。
 このNAMMにおけるFrankenstein replica Modelの発売記念イベント。
 出番待ちの間にEddieは酒を飲みすぎて、ベロンベロンの泥酔状態(笑)

 英語はよくわからないけど、MCはしどろもどろ!
 だけど、映像を観れば、やっぱりEddieは凄い!としか言い表せませんね。
 もしかしたら、Eddieは数少なくなった“死にそうなミュージシャン”の、最後の生き残りの一人なかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/02

Michael Jackson with Eddie Van Halen “Beat it”

 ジャクソンズが1984年に行った「VICTORY TOUR」の映像です。
 “Beat it”にEddieがゲスト参加しています。


 Eddie個人としては、David Lee Roth がソロ活動を始めたり、バンドの脱退を示唆したりして、DRUGとアルコールで身体も精神もボロボロだった頃のはずです。

 だけど、ギター持たせりゃさすがEddie!
 超人的なプレイを披露しています。
 もともとレコーディングでソロを演奏したのもEddieでしたし。

 MichaelとEddieがステージで競演するなんて、贅沢の極み!

 しかし、Michaelの死によって永遠にEddieとの共演は封印されてしまったのです。
 人類にとって計り知れない損失だと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

The Beatles-Hey Jude

癒されたい時。

絶望に直面した時。

わたしは何度この映像に助けられたことだろう・・・

Paul McCartney ありがとう。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009/08/11

ノリP~ 何やってんだ・・・・?

 私の全く興味の無い世界での出来事ですが、のりピーの異様な高揚感というか、スピードやってるかどうかは別として、面白い動画ですね。

 周囲の反応無視して、陶酔しきっている姿が愉快です。

 酒井法子って、デビューした頃も学生時代はシンナー漬けだったとか、ダークサイドな話題が沢山あるアイドルでしたしね。

 今回の一件は、人が死んでいないだけが救いなのかな?
 サンミュージックも散々ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009/03/19

Randy Rhoads の面影

 Randy Rhoads (1956.12.6~1982.3.19)

 ランディ・ローズはハード・ロック史上、最も重要なギタリストの一人です。

 3月19日は、ランディがツアー中に遊覧飛行で乗ったセスナ機が墜落し、死亡した日として、世界中の Guitar Kids の脳裏に刻み込まれた、悲しみの日。

  Randy_rhoads_18

 ランディのプレイスタイルや、バイオグラフィ、エピソードは語りつくされた感があるので、今年の命日は、

続きを読む "Randy Rhoads の面影"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/09

原子心母 Atom Heart Mother

 あけましておめでとうございます。

 今年は丑年ってことで、ロック界では定番の PINK FLOYDの歴史的名盤である、『Atom Heart Mother』 (邦題:原子心母)でいかせてもらいます。

     Atom_heart_mother_03

 少し安直すぎるかな?って思ったけれど、振り向いた牛の瞳に見つめられてしまうと、

続きを読む "原子心母 Atom Heart Mother"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧