アニメ

2009/01/30

伝説巨神イデオン

コネタマ参加中: あなたを熱くさせたロボットアニメは?

 最高のロボットアニメとは何か?私にとっては愚問である。

 だってイデオン原理主義者の私にとって、「伝説巨神イデオン」テレビシリーズと、映画版の「THE IDEON 接触編・発動編」は、サブカルチャー全般、いや生き方の規範の中心軸となっているのだから。

 いわゆる“イデオン基準”ってやつです。

     Ideon_33

 富野アニメファンを自称しながら、ガンダムシリーズしか知らないなんてのは、

続きを読む "伝説巨神イデオン"

| | コメント (3) | トラックバック (7)

2008/12/09

BSアニメ夜話「伝説巨神イデオン」

 少し古い話ですが、NHK‐BS2で時折放送される、「BSアニメ夜話」という番組の公開録画に、参加したことがあります。

 なんとテーマは『伝説巨神イデオン』!!!

 前列から2列目だった!

 目の前であの、湖川大先生がハルルとカララを描いて下さるんだもの。

 感動せずにはいられるかってなもんです!まさしく感動の嵐でしたー!!!

    Ideon_44_3

        ↑

(湖川友謙氏が収録中に描いたハルル・アジバとカララ・アジバ。ちょっとピンボケ。)

 とにかく、出演者やゲストが凄かったですね。

 さすがに富野悠由季さんは出没しませんでしたが、

続きを読む "BSアニメ夜話「伝説巨神イデオン」"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/08/02

スカイ・クロラ

 押井守監督の最新作「スカイ・クロラ」を観て感じたことをそのまま。

 この映画がどんな風に評価されるのかわかりませんし、観た人それぞれの評価があって当然です。

 私の率直な感想としましては、かなりポジティブなメッセージと受け止めました。

 そこで、私なりの感想を述べてみたいと思います。

 舞台設定は完全な平和が実現された世界。

 国家間の戦争は消滅してしまったが、

続きを読む "スカイ・クロラ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/07

Zガンダムは観たけれど・・・

 Zガンダムを観に行ってきた。
 20年近く昔の作品なのにかなりの人出だった。正直驚いた。

続きを読む "Zガンダムは観たけれど・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2004/10/23

チーム・アメリカに注目

もうすぐ大統領選挙が実施されるアメリカでちょっとした話題の作品。それが「チーム・アメリカ ワールドポリス」とかいう人形アニメ?らしい。
製作スタッフはあの「サウスパーク」と同じ人達でマイケル・ムーアの「ボウリング・フォー・コロンバイン」にも出演している有名人だ。

「チーム・アメリカ」の簡単なストーリー説明。
世界の警察を自認するアメリカが、必要のない対テロ戦争でイラクや中東に夢中になっている間に、極東の軍事国家の独裁者キム・ジョンイルが核武装し世界が大変なことになっちゃってましたってな話。
ようするにアメリカの国際戦略の馬鹿っぷりを笑う作品なのだが、笑えない要素も多い。
イラク戦争に反対する声明を出した俳優や文化人を徹底的にコケにしているのだ。そして映画の中で戦争反対論者はチーム・アメリカによって殺戮される。
マイケル・ムーアなどは木っ端微塵に爆殺されてしまう!

「アメリカはクソだがそれを批判する奴らはもっとクソだ!」
「国際政治のことなんか理解していないくせに役者なんかが偉そうな発言するな!」
「世の中の仕組みがわかんないなら選挙になんか行くな!」
だいたいこんなメッセージがあるらしいんだな。

何でこんな時期に、こんな作品発表するんだ?
選挙に行くなってのはどういうこと?

作り手は「政治的なことには関わりたくない。特別なメッセージなんて無い」とか言っているらしいけど、「選挙に行くな」ってのはもう4年間ブッシュの時代が続くことを容認しろってことでしょ?
ブッシュ政権の政治手法には疑問を持つなってことでしょ?
一般市民が政治に関わる唯一の機会を放棄しろってことでしょ?

政治的な信条に凝り固まった連中をクールに笑い飛ばしているようには見えませんが・・・
そこがかつての「愛國戦隊大日本」と異なるところですね。
スタンスが片方に傾きすぎているのが失敗かな?
こういう作品にはアナーキズムとニュートラルな姿勢が重要だと思う。じゃなきゃ、正直に自分はどちらかの立場を支持しているんだと表明すること。
その点でマイケル・ムーアは優れている。自分の主張を正直に前面に押し出して、逃げも隠れもしていないから。
自分の身に降りかかるリスクを承知で活動しているから。

「チーム・アメリカ」の製作スタッフの皆さんへ。
この作品は十分に政治的な意図を感じますがどうなんでしょう?
単にマイケル・ムーアやリベラルな連中が嫌いだっていうのは個人の自由だけど、物事を深読みできないアメリカ国民にこんな作品提供するのは犯罪だよ。
アメリカ人は真に受けちゃうよ「やっぱり俺達は最高!これからも頑張って世界秩序を守るぞ!」ってね。

サウス・パーク作ってる人達なのになんでこんなアニメ作っちゃったんだろうね?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/10/22

ルパンvs複製人間

 ルパン三世の劇場用第1作は、副題が『ルパンVS複製人間』です。

 なかなかDVD化されず、“幻の作品”になってしまっていた映画です。
 他のどうでもいいようなシリーズがソフト化されるのに、なんでマモーだけが?と納得のいかない私でした。

     Lupin_vs_clone_005

 ルパンシリーズで最も評価が高いのは言わずと知れた『カリオストロの城』です。
 だけどアレはルパンじゃないですね。
 あくまでアレは〝宮崎駿の私的な映画〟であり宮崎的ルパンの解釈法なんだと思います。だから、ルパンらしさの片鱗すらない『カリオストロ』はルパン映画としては駄作と言い切ってもゆるされるはず。

 それに対し、劇場版第1作のマモー編は、ルパン三世的要素がふんだんに盛り込まれた娯楽作品として、

続きを読む "ルパンvs複製人間"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004/10/21

ガンダムがマイナーだった頃

 ある一定の年齢以下の方々には想像もできないだろうが、「機動戦士ガンダム」というアニメ作品は初放映当時は「超」の付く低視聴率番組だった。

 「ガンダム」放送当時、私自身は多分、小学校4~5年生だった。

 幼児の頃からアニメは好きで観続けていたが、アニメの潮流は激しく移り変わっていったのだった。
 マジンガーシリーズの全盛期に翳りが見え始めた頃に突如アニメブームが到来したことが大きい。
 今でもマジンガーシリーズは大好きなのだが、世間一般では玩具メーカーとタイアップした「子供向けアニメ」としてしか認知されていないのが当時の世相だったように思う。

 子供向け番組はおもちゃを売るために存在する!
 それが現実だった時代。
 (今もそんなに変わりないか)

 そんな時代に突如アニメブームである。
 それはなんだったのか?
 良くも悪くも宇宙戦艦ヤマトの登場である。

 宇宙戦艦ヤマトも放映当時は低視聴率に悩んだ番組だった。
 その点はガンダムと同じ境遇だ。
 しかし、放送終了後から徐々にヤマトは盛り上がりはじめ、ついには劇場用映画となって大ヒットしたのだった。
 なぜ、盛り上がったのか?
 どんな層から支持されたのか?
 過去の人気アニメ作品と何が異なったのか?

 安直かもしれないが大人が支持したからだろう。
 大人といっても大学生などの年齢層だ。
 それまでのアニメ作品は玩具の売り上げという結果によって、幼児や児童からの支持率の高さを計ることはできた。
 しかし、それはあくまでも番組製作者やメーカーからの一方的な売りつけであって、アニメ作品そのものに対しての評価や分析といったものからは程遠いものだった。
 そこへ大学生のアニメファンの出現である。
 彼らは声をあげることをはじめたのだった。
 「視聴率は低くても良いものは良い」という声を社会に発信し始め、当初は異質なものとして扱われたが次第に無視できない声となっていった。
 ここではあえてヤマトのストーリー等には触れないが、アニメファンというものが存在し、それらが実際に番組制作側を動かしうるだけの人口とパワーを持ち始めたということを認識させたのがヤマトだった。

 テレビの再編集であったが劇場版「宇宙戦艦ヤマト」はかなりの興行成績をあげ、以降は各アニメプロダクションも「アニメファン」の反応をあらかじめ意識した内容の作品を連発するようになる。

 アニメブーム(松本零士ブーム)は更に高まりをみせ「さらば宇宙戦艦ヤマト・愛の戦士達」とそれに続く「」銀河鉄道999」の2本の劇場用作品で頂点に達する。
 「あしたのジョー」や「ガッチャマン」などが再評価されはじめたのもこの頃。
 大人(大学生)の観賞に耐えうるアニメのオンパレード時代に突入したのだ。
 そこで“ガンダム”の登場である。
 硬派で遊び心に溢れる作品を発表してきた日本サンライズの送り出したアニメだった。

 「テレビマガジン」や「テレビランド」、「冒険王」などの子供向けテレビ雑誌では放送開始以前よりガンダムやガンキャノンといったモビルスーツが紹介されていた。
 ガンダムのスマートなデザインはコンバトラーVや闘将ダイモスの原色で彩られたスーパーロボットに慣れた小学生には地味に思えた。
 そして放送開始。
 不安は現実のものとなった。
 「これはロボットアニメじゃない・・・」
 ほとんどの児童がそう思ったはずだ。
 事実、私の周囲では「話の内容が暗くて訳わからない」とか「どっちが敵か味方なのかわからない」とか「同じ形のロボットがうじゃうじゃ出てきて気持ち悪い」だとか否定的な感想が大多数だった。
 視聴率は当然だが惨憺たるものだった。

 だけど私は違った。
 最初の頃こそ「ジオン公国ってなんだ?」、「モビルスーツってロボットと何が違うんだ?」、「アムロって本当にヒーローなのか?」、「ジオンと連邦ってどっちも悪者みたい」と悩まされたものだが、耐えに耐えてガンダムに触れ続けたおかげで、番組の中盤ころからは熱狂的なファンに変貌していた。
 特にアムロがガンダムを奪ってホワイトベースから脱走するあたりでは完全にアムロと自分を同一化してしまっていた。
 「あるある、頑張っているのに誰にも理解されない時ってあるよね。ブライトさんの方が悪い!」

 “ニュータイプ”という概念にもわりとすんなり馴染めた。
 次々に登場する敵側のモビルスーツも魅力的で、特にドムの格好良さは別格だった。
 シャアとセイラさんの出生の秘密。
 ララァとアムロの悲劇的な出会い。
 ザビ家の家庭内における確執。
 何もかもが魅力的な「ガンダム」
 夢のある作品ではなかったが、SFという世界に触れるきっかけを作ってくれたガンダム。
 リアルで細部まで構築された世界観という点では「ブレードランナー」に近いものも感じる。

 『こんな面白いアニメなのに観ない連中ははっきり言ってバカだな』と「自分だけのガンダム」に陶酔し、自分の先物買いの才能に酔っていた。
 しかし、不幸?は突如やってくる。
 ガンプラブームとガンダムの再評価だ。
 それまで『ガンダムは意味がわからん』とか言っていた馬鹿ガキどもがガンプラを買い漁り、親に連れられて映画化3部作に詰め掛けた。
 私は「自分だけのガンダム」が汚されたようで悲しい気分になった。

 いわゆる“昔からのファンのエゴ”でしかないのだが、“最近のガンダムファン”を私は蔑視していた。
 『どうせ、ストーリーなんか理解していないんだろ? モビルスーツの性能とかスタイルにしか興味がないくせに!』と怒り爆発状態。
 無邪気なガンダムファンにとってはとても迷惑な話である。

 ガンダムはその後も順調に人気を保ち続け、商業的にも大成功した。
 Zガンダム、ZZと続編が製作され、逆襲のシャアでオリジナルストーリーは一応の終焉となる。
 だが、いまだにガンダムは継続中だ。
 ガンダムSEEDなどは近年のガンダムものでは飛びぬけた人気を誇った。

 私の中でのガンダムはすでに終わっている。
 たぶんZガンダムで終わったのだろう。
 ZZや逆襲のシャアはガンダムファンのみを対象としているというか、ガンダムの世界観を理解していることを前提に製作されているような感じがして好感がもてなかった。
 既成の評価に胡坐をかいているようで、視聴者や昔からのファンへの誠意が無いように思えた。
 サンライズの『ガンダムなら何でもいいんでしょ?』という声が聞こえたみたいだった。

 ガンダムはウルトラマンシリーズと同じなのだろう。
 ガンダムという神話世界が一人歩きしているのだ。
 正にガンダム・サーガだ。
 宗教といっても過言ではない。
 “ガンダムだからしょうがないよね”になってしまっている。

 ガンダムという概念が強固な価値観を形成しており、その世界においてガンダムという冠名さえ付けばどんなことがあっても許されるみたいだ。
 ガンダムという響きは全てのアニメファンに対する水戸黄門の印籠なのであり、ガンダムと名が付けば全てが許される免罪符となっている。
 ガンダムは神棚に乗ってしまったのだ。

 ミュージカル調の人畜無害な超大作アニメばかり製作するディズニーはクソである。
 しかし、日本のアニメも狭いコミュニティの中でのみ興亡をくりかえす極めて閉鎖的で、先行きの見えない一部の趣味人のものになってしまっている。

 日本のアニメが「ガンダム」の呪縛から解き放たれるのはいつなのか?

| | コメント (1) | トラックバック (2)